情報提供とコミュニケーションでファン化を推進

タワーレコード(株)

ミュージックフリークに絶大なる支持を得ているタワーレコード(株)。同社では、店頭および総合音楽ポータルサイト「TOWER RECORDS ONLINE」への集客、さらには売上増を目的に、ソーシャルメディアの活用をスタート。ジャンル別にソーシャルメディアを選択し、アカウントを開設することで、ファンにダイレクトに情報を提供する戦略が功を奏し、集客数を伸ばしている。

K-POPを中心にソーシャルメディアのマーケティング活用をスタート

 「The Best Place to Find Music =音楽と出会う最良の場所」をすべてのお客さまに提供するというミッションのもと、音楽、映像ソフトの販売をはじめ、レーベル事業まで手掛けるタワーレコード(株)。コーポレート・ボイスに「NO MUSIC, NO LIFE.」を掲げ、さまざまなお客さまに、さまざまなチャネルで、最新の音楽と音楽情報を提供することによって、音楽シーンのさらなる活性化と、音楽でお客さまの生活を豊かにすることを目指している。
 販売チャネルは、店舗およびインターネット、モバイルサイト。「タワーレコード」を83店舗、駅ナカ駅チカ小型店の「TOWERmini」を4店舗、計87店舗を展開しているほか、総合音楽ポータルサイト「TOWER RECORDS ONLINE」を運営している。近年は、ソーシャルメディアの普及の波に乗り、Twitter、Facebookなどを積極的に取り入れてきた。ソーシャルメディアを通じてアーティストや商品に関する情報を提供するとともに、顧客とのコミュニケーションを推進することでタワーレコードのファンを増やし、店頭および「TOWER RECORDS ONLINE」への集客を促進。最終的には売り上げに貢献することが目的だ。
 ソーシャルメディアのマーケティング活用に当たっては、社員3名によるソーシャルマーケティング推進プロジェクトを発足。企業としてソーシャルメディアを利用するのであれば、売り上げにつなげなければいけないという考えのもと、取り組みを開始した。同社はJ-POPから落語まで、さまざまなジャンルのコンテンツを扱っているが、まずは今、市場が拡大傾向にあり、一番ビビッドな反応が期待できるK-POPに的を絞り、ソーシャルメディアのマーケティング活用に着手した。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年4月号の記事