ファンとの交流の中で物販事業の強化を図る

新日本プロレスリング(株)

グッズ類の売り上げを興行収入に次ぐ貴重な収入源とするプロレスリング興行大手の新日本プロレスリング(株)では、2006年に独自運営の通販専用サイトを開設。Twitter、Facebookの運用開始を経て、2011年11月にはFacebookコマースへの取り組みを開始している。

物販が売上高の2割近くを占める重要な収入源

 日本を代表するプロレスラーの1人であったアントニオ猪木氏が中心となって1972年1月に設立された新日本プロレスリング(株)。同社はその後、経営面でさまざまな変遷を経てきたが、2012年2月、カードゲームメーカーの(株)ブシロードの子会社となって新たなスタートを切った。
 プロレスリング興行を事業の中心とする同社では、当然のことながら、10数億円の規模に達する年間売上高の大半が興行収入によって占められているが、実は物販収入も比較的多く、売上高の2割近くを占める重要な収入源となっている。
 取扱商品はTシャツ、タオル、ストラップ、カレンダー、マスクといった同社所属選手に関連するグッズ類のほか、プロレスリング大会・試合の様子を収めたDVD、関連書籍など300アイテム以上。売れ筋商品は単価2,500~ 4,000円前後のTシャツなどだが、最近では、IWGPチャンピオンベルトのおもちゃタイプのレプリカ「IWGPプラスチックベルト」などの独自開発によるユニークな商品が、12月の忘年会シーズンを中心にパーティー・グッズとしても人気を集めた。
 販売チャネルの中心は大会・試合会場の特設売店。さらに約10 年前に「楽天市場」のショップとして開設し、2006年に独自運営に移行した通販サイト「闘魂SHOP」があり、ここでの売り上げが堅調に拡大。グッズ売り上げ全体の2割強を占めるまでになっている。
 通販サイト「闘魂SHOP」のターゲットは当然のことながらプロレスファン、“新日”ファンであり、その大半は男性だ。年代的には20代後半~30代前半が最も多く、次いで10代後半~20代前半の層が続いている。居住エリアは全国に分布しており、人口と比例するかたちで関東居住者の比率が高いが、近年では絶対数こそ少ないものの、熱心なプロレスファンを中心に海外在住者からの注文も増えつつあるなど、その販売エリアは拡大傾向にある。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年4月号の記事