積極的なファン拡大施策でFacebook ページをクチコミの起点に

ケンコーコム(株)

健康関連商品のECサイト「ケンコーコム」を運営するケンコーコム(株)では、2011月3月からFacebookページの運用を開始。本格的なソーシャルコマース時代の到来に備え、積極的なファン拡大施策により1万8,000人を超える「いいね!」を獲得し、これをクチコミの起点として活用している。

クチコミ機能への期待からソーシャルメディアを積極活用

 2000年5月から、健康食品、医薬品、健康機器な ど健康関連商品を中心に16万点以上の商品を取り揃えるECサイト「ケンコーコム」を運営しているケンコーコム(株)は、2011年3月に、Facebookページの運用を開始した。同社が開発した「ショッピング」というFacebookアプリでは、「健康食品」「フード」「水・飲料」「化粧品」「癒し」といった「ケンコーコム」と同様の(医薬品を除く)カテゴリー別に取扱商品を紹介し、「サイトで購入する」というボタンをクリックするとリンクされている「ケンコーコム」の商品ページが立ち上がるというかたちで、情報発信を具体的な商品購入につなげるルートを確立している。
 同社がソーシャルメディアを積極的に活用する理由は、そのクチコミ機能への期待だ。特に実名をベースとするFacebookでは、“友達”が「いいね!」ボタンをクリックしたという事実が、ユーザーのウォールに発信される。それを受け取った人には「あの○○さんが□□という商品を気に入っている」という情報がもたらされることになり、特にそのユーザーと親しかったり、当該分野についてそのユーザーに対する評価が高かったりすれば、購買意欲を喚起する効果はかなり大きなものとなるであろう。
 同社ではこのような認識からFacebookページでの商品紹介を行っているのだが、当面、このルートで直接的に販売量を拡大することについては、さほど大きな期待は持っていない。それは、例えばゲームを主要コンテンツとするMobage(モバゲー)やGREEのように課金が当たり前のものとして受け入れられているSNSと異なり、Facebookでは現状、ユーザーにそこで「お金を使う」という意識がほとんどないと考えているからだ。
 しかし、将来的にはFacebook上で「お金を使う」ことが普遍化する可能性は低くない。また、お客さまにケンコーコムの本当の意味でのファンになってもらう、つまりケンコーコムに対する信頼を持ってもらい、いざという時にケンコーコムで買おうと思ってもらえる関係性を築くという意味でこれを活用するメリットは大きいと考え、まずは母数を拡大するという観点で自社Facebookページのファン獲得に取り組んでいる。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年4月号の記事