「イタリア式の食文化」の提案で一般大衆層の“食”を豊かに

(株)サイゼリヤ

イタリアンレストラン・チェーンの(株)サイゼリヤでは、2003年12月に中国・上海に海外1号店をオープンして以来、積極的に海外出店を推進。「イタリア式の食文化」を提案し、一般大衆層の“食”を豊かにすることに貢献する。アジア全体で、今期中に100店舗を突破する予定だ。

健康的でおいしいイタリア料理を誰もが毎日食べられる価格で提供

 創業者の正垣泰彦氏が個人経営していた「レストラン サイゼリヤ」を母体として1973年5月に設立し、イタリアンレストランのチェーン展開に着手。2011年4月末現在では、国内外に930店舗ものイタリアンレストランを展開する(株)サイゼリヤ。同社では2003年6月、中国・上海に上海薩莉亜餐飲有限公司を設立し、同年12月、同地に海外1号店を出店。以後、中国の上海・蘇州および広州、北京エリア、さらには台湾、香港、シンガポールでも次々と店舗をオープンしている。
 同社では創業以来、人々に豊かな食文化を提案することを理念とし、健康的でおいしいイタリア料理を、誰もが毎日食べられる価格で提供することを目指しており、この点は海外での出店においても変わりはない。イタリアンのカジュアルレストランが存在していなかったアジアにおいては、その分野での出店を行うことで、日本と同様に多くのお客さま、特に一般の大衆層に喜んでもらえる可能性が高いと見込んだことが、このエリアでの店舗展開を目指すきっかけとなった。実際に海外出店を開始した2003年の数年前から出店の検討をスタートしていたのだが、海外でも同社の理念を貫き、また、日本国内で培ったチェーン・オペレーションのノウハウをできる限り活用していくという観点から、“独資(100%出資)”での進出にこだわっていたため、その環境が整うのを待っての出店になったとのこと。ちなみに、中国で独資の子会社設立に認可が下りたのは、日本の飲食チェーンでは同社が初めてであった。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年7月号の記事