“公文式”は世界で通用する“KUMONメソッド”に

(株)公文教育研究会

“KUMONメソッド”による教育サービスを提供する(株)公文教育研究会では、2011年3月現在、世界46の国と地域での展開を行っている。その中でアジア圏では13の国と地域で教室を展開しており、特にタイやインドネシアでは、学習教科数が10万を突破するまでに普及が進んでいる。

世界のあらゆる国と地域でKUMONメソッドで学ぶ機会を提供

 高校の数学教師であった創始者・公文公氏が1954年に、当時、小学校2年生の長男・毅氏のために作成した計算問題をルーズリーフに書いた自習形式の教材からスタートした“公文式”。この教育法は1970年代半ばから世界に広がり始め、2011年3月現在では世界46の国と地域で約441万人の学習者が“KUMONメソッド”による算数・数学、英語、母国語の学習を行っている。
 公文公氏が1955年に大阪府守口市に開設した算数教室をルーツに、1958年に「大阪数学研究会」として創立、1962年に「(有)大阪数学研究会」として法人化され、現在の(株)公文教育研究会に至っている。同社の海外展開は1974年、米国・ニューヨークでの算数教室開設というかたちで始まった。
 同社は、現在ではビジョンとして「世界のあらゆる国と地域で、KUMONメソッドで学ぶ機会を提供し、学習者が夢や目標に向かって、自分から学習している状態を目指す」ことを掲げるまでになっているが、1970年代当時は、積極的に海外展開を目指すまでには至っていなかった。その同社がニューヨークでの算数教室開設を実現したのは、もともと日本国内で“公文式”教室に通っていた学習者が、父親の転勤によりニューヨークで生活をすることになり、“公文式”学習を続けさせたいと思った母親が教室を開くに至ったという経緯であり、いわば偶然の産物であった。しかし、当初は駐在員の子弟を対象としていた教室が、その教育効果の高さによって徐々に評判となり、現地の子どもたちにも普及。同社が目的とする「高い基礎学力の養成」が海外でも必要とされ、また、同社が提供する「誰もが年齢を問わずに学ぶことのできる個人別学習法」が国や地域を問わず受け入れられることを示すこととなり、その後の世界的な普及の礎となったのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年7月号の記事