アジア展開を経営の大きな柱に

イオン(株)

1985年にマレーシアに海外1号店を出店し、アジア展開をスタートしたイオン。同社では2011年度からの中期3カ年計画でアジアへのシフトを表明。2011年度に中国本社、2012年度にASEAN本社を設立する計画を示すなど、アジアでの展開を急加速している。

中期3カ年計画で「アジア」シフトを表明

 1926(大正15)年9月に(株)岡田屋呉服店として設立、1970年、ローカル企業であるフタギ、シロとの提携でジャスコ(株)が誕生し、2001年8月、現社名へ変更したイオン(株)。2008年8月に純粋持株会社となった同社を中心とするイオンのアジア展開の歴史は1980年代にスタートした。具体的には1984年にマレーシアにジャヤ・ジャスコストアーズ、タイにサイアム・ジャスコ、翌1985年、香港にジャスコストアーズを相次いで設立し、同年、マレーシアに海外1号店をオープンしたことがその出発点である。
 当時、すでにGMSのジャスコを中心に日本国内で総合小売業を幅広く展開していた同社では、時期を見てグローバル展開を図る必要性を感じていた。アジア展開の直接のきっかけとなったのは、日本や韓国の経済成長を見習おうという「ルックイースト政策」で知られるマレーシアのマハティール首相(当時)が、当時、日本商工会議所会頭であった五島昇氏に「日本の近代的な小売業をぜひ、マレーシアに紹介してほしい」と依頼し、五島氏が親交のあった岡田卓也氏(現同社名誉会長相談役。当時は代表取締役社長)に話を持ち掛けたことであった。つまり、同社のアジア展開は必ずしもビジネス的な観点から始まったものではなく、当初は国際貢献の一環という意味合いが強かったのだが、現在ではその位置付けは大きく変化している。
 それを顕著に表しているのが、2011年度からの中期3カ年計画だ。同計画では、グループのリソースを「首都圏」「シニア」と同時に「アジア」に大きくシフトし、特にアジアには3年間で過去最高の約2,000億円を投資する計画を発表。そして、2011年度に中国・北京に中国本社、2012年にマレーシア・クアラルンプールにASEAN本社を設立し、両社に商品調達や物流、総務などの本社機能を一元化、権限も委譲することでアジア事業を加速する方針を示している。今やアジア展開は、同社にとって経営の大きな柱になりつつあるのだ。
 以下、同社が現在最も注力しているマーケットのひとつである中国での事業展開にフォーカスしていくこととする。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年7月号の記事