独立系である自由度を生かし地元の企業や団体とさまざまなイベントを開催

シネマシティ(株)

独立系のシネコンとして地元の人々に親しまれている立川シネマシティ。スクリーンの多さとこだわりの音響システムに加え、作品の上映だけでなく、地域の企業や団体との連携によるオリジナリティのあるイベント企画が好評を博している。また、市民発のサークルを発展させた有料会員制度「シネマシティズン」を組織し、より多くの人にメリットがあり、かつわかりやすいサービスの提供に努めている。

映画の街、立川に根付く独立系シネコン

 東京都多摩地区の中枢都市、立川市。その玄関口であるJR立川駅は、JR中央線の新宿駅以西で最も乗客数が多いターミナル駅だ。同駅北口から徒歩5分のところにある「シネマシティ」と「シネマ・ツー」は、立川および近隣に住む人々に親しまれている独立系のシネマコンプレックス(複合映画館。以下、シネコン)である。
 運営するのはシネマシティ(株)。1950年代から立川で複数の映画館を運営していたが、建物の老朽化と立川駅北口再開発事業の開始に伴い、1992年に現在の「シネマシティ」がある場所で運営していた立川松竹劇場、立川セントラル劇場、立川中央劇場の3館を閉館。それから2年後の1994年10月に「シネマシティ」を、さらに10年後の2004年7月には「シネマ・ツー」をオープンした。両館合わせて11スクリーン、総席数2,270席を有し、地元の人々からは、両館合わせて“立川シネマシティ”と呼ばれ、親しまれている。かつて立川には、最盛期には10館ほどの映画館があり、“映画の街”として栄えてきた。それは、同館がシネコンとして生まれ変わった今も変わっていない。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年6月号の記事