スポーツ分野にとどまらない取り組みを通じて“まちづくり”に貢献

(株)川崎フロンターレ

(株)川崎フロンターレでは、スポーツによる地域社会への貢献というクラブの理念の達成と、スポーツ興行の主催者としての安定した集客の実現という2つの観点から、地域密着型経営を推進。積極的なホームタウン活動の展開などにより、市民クラブとしての地位を確立している。

企業チームから市民クラブへ

 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)ディビジョン1(J1)のサッカーチーム「川崎フロンターレ」を運営する(株)川崎フロンターレでは、スポーツによる地域社会への貢献というクラブの理念の達成と、スポーツ興行の主催者としての安定した集客の実現という2つの観点から、ホームスタジアムである川崎市営等々力陸上競技場が所在する川崎市をホームタウンとした地域密着型経営を推進している。
 同社が設立されたのは1996年11月。当初の会社名は富士通川崎スポーツマネジメント(株)であり、富士通(株)の100%出資であったことから企業チームという色彩が強かったが、2000年に現社名へ変更。さらに川崎市や富士通以外の地元企業から幅広く出資を求め、“市民クラブ”への脱却を図った。
 翌2001年、同じく川崎市に本拠を置いていたJリーグ・サッカーチーム「ヴェルディ川崎」(現:東京ヴェルディ)が東京都にホームタウンを移転し、川崎フロンターレが市内で唯一のJリーグ・サッカーチームとなったことなどから、同社と川崎市の連携が強まり、同年、市の外郭団体として市長を会長とする「川崎フロンターレ後援会」が発足。2002年には念願であった川崎市からの出資を実現した。2011年4月現在では、川崎市、地元企業など36社・団体からの出資を得ており、名実ともに川崎市を代表する市民クラブとしての地位を確立している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年6月号の記事