共存共栄の精神で周辺環境の変化に対応

麻布十番商店街

麻布十番駅と六本木ヒルズの開業を転機に大きな変革を迫られた麻布十番商店街。同商店街ではこの環境の変化に“地元住民が住み続けられる街を支える商店街”を基本方針として対応。変化を受け入れつつも“麻布十番らしさ”を維持するために、さまざまな施策を講じている。

麻布十番駅と六本木ヒルズの開業が転機に

 東京都港区の麻布十番1~4丁目の商店約320店舗で構成される麻布十番商店街。同商店街では、麻布十番商店街振興組合を中心に地域と連携したさまざまな取り組みを展開。地元住民の生活を支えるとともに、日本各地や海外からの観光客などのもてなしの充実を図っている。
 麻布十番商店街の歴史は古く、商店街を構成する店舗の中には江戸時代に創業したというところもある。しかし従来、同商店街が立地する地域は鉄道の駅から離れた、いわゆる“陸の孤島”であったこともあり、基本的に各店舗の商売の規模は小さく、特に意識することなく地域密着型の経営を続けていた。それを一変させたのが、2000年の東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅の開業と、2003年の六本木ヒルズの開業である。
 「麻布十番」駅の開業によって、麻布十番地域へのアクセスが飛躍的に向上したことから、国内外からの観光客が急増。これに伴って、同商店街への来訪者も従来の約2倍に増加し、同商店街には、従来通りの手法で商売を続けるか、観光客を意識したスタイルへと脱却を図るかという選択が迫られたのだ。
 そこで、同商店街のとりまとめを行う麻布十番商店街振興組合では、環境の変化に伴う商店街のあり方について討議を実施。その結果、「“地元住民が住み続けられる街を支える商店街”を維持することを通じて、外部からの来訪者に対する“もてなし”の品質も高める」という方針を確認し、以後の基本的なスタンスとすることとした。
 一方、六本木ヒルズの開業では、徒歩圏に近代的な店舗が集まるショッピングモールを有する巨大施設ができることにどのように対応するかが問題となり、やはり組合員間で討議を実施。イメージ的にデジタルの粋とも言える六本木ヒルズに同じような方向性で対抗するのではなく、むしろ、昔ながらの商店街の良さであるアナログ的な魅力を強調することでコントラストを演出し、“共存共栄”の関係性を目指すことを確認した。この方向性は六本木ヒルズ側にも理解されており、例えば毎年4月第1日曜日に実施(2011年は東日本大震災の影響で中止)している「花まつり」の「お稚児さんパレード」のコースを、六本木ヒルズをスタート地点とし、麻布十番商店街をゴールとするコースに変更するなど、各種イベントを共同で開催するといった協力体制を構築している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年6月号の記事