プロアクティブのユーザーに多様なスキンケアサポートを提供

ガシー・レンカー・ジャパン(株)

TVCMでお馴染みのプロアクティブのブランド認知率は約80%に。次の重要課題となる顧客維持に向けて、メンバーズプログラムを刷新。適切なアドバイスを提供することによって、もっと製品の良さを実感してもらおうと、メディアとメニューの両面から相談窓口の強化を図った。

ブランド認知率は約80%に

 日本でもTVCMですっかりお馴染みのニキビケア化粧品「プロアクティブ」をはじめ、安心と信頼をモットーとした商品を提供するガシー・レンカーは、米国カリフォルニア州で1988年に誕生した。世界最大規模のインフォマーシャル・カンパニーとして知られており、米国本社の2010年のスポット放映量は全米No.1。同社は現在、世界10カ国で事業展開しており、主力ブランド、プロアクティブの顧客は全世界累計で1,500万人に上っている。
 日本法人、ガシー・レンカー・ジャパン(株)は、2001年の設立。今年で事業展開10年目を迎える。2006年調査ではおよそ15%だったブランド認知率が2010年には80%近くにまで達しており、これに伴って売上高、新規顧客数とも右肩上がりで推移してきた。
 そこで今後の重要課題と位置付けられているのが、ブランドロイヤルティの育成による顧客維持。プロアクティブの商品特性から、ニキビが改善されると使用をストップするお客さまは少なくないが、肌の健康維持やニキビ予防にも効果があることを知ってもらい、より長く商品を使い続けてほしいと考えている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年4月号の記事