ARを活用した駐車場検索サービスの提供で時間貸駐車場の付加価値アップを図る

三井不動産販売(株)

三井不動産販売(株)は2010年5月、(株)アットウェアとの提携により、AR(拡張現実)を活用したユーザーの位置情報との連動による時間貸駐車場情報の配信サービス「『今から』停められる駐車場検索サービス」の提供を開始。先進技術の活用による「三井のリパーク」の付加価値向上を図っている。

ユーザーの位置情報との連動による時間貸駐車場情報の配信サービスを提供

 三井不動産販売(株)は2010年5月、「三井のリパーク」事業において、(株)アットウェアとの提携により、iPhoneおよびAndroid携帯専用のAR(拡張現実)アプリ「Layar(レイヤー)」を活用したユーザーの位置情報との連動による時間貸駐車場情報の配信サービス「『今から』停められる駐車場検索サービス」の提供を開始した。
 テレビCMでもおなじみの「三井のリパーク」事業は、同社が1994年から展開する総合駐車場事業。その中核となっている時間貸駐車場事業は、土地オーナーから一括借上方式で土地を借りて毎月一定の賃料を支払い、駐車場の設計・施工から運用管理までを同社が行うというビジネスモデルだ。機器・設備費用や管理の手間が不要で、毎月安定収入が望め、また、約20坪以上であれば土地の形態を問わず、契約期間も要望に合わせて対応するという融通性があることが、保有する土地の有効活用を目指す土地オーナーに好評を博しており、2010年11月現在で約12万台の運用実績を誇っている。
 時間貸駐車場市場は1990年代に本格化して以来、拡大の一途をたどっており、現在では数多くの事業者が参入している。また、特に近年では、経済の停滞が続く中でビル建設などをためらう土地オーナーが、手軽に土地活用を図る手段として時間貸駐車場の運用を考えるケースが増えていることから、地域によっては過当競争とも言える状況となっている。
 その中で差別化要因の中心は、目的地からの距離と料金であるが、前者は立地自体が持つ性格であり、後者はその地域での相場に左右されるものであることから、同社としても特別な工夫を凝らすことは難しい。そこで同社では、細かな工夫の積み重ねで駐車場の付加価値を向上すべく、テレビCMでも訴求している「ゆとりの車室幅(駐車スペース)、車路幅(場内移動スペース)による“駐めやすさ”の追求」や「TポイントやANAマイルなどのポイントサービスとの提携」などの取り組みを行っており、「『今から』停められる駐車場検索サービス」の提供もその一環であると言える。
 「『今から』停められる駐車場検索サービス」の仕組みは、iPhoneおよびAndroid端末で「Layar」アプリを起動すると、GPS機能と電子コンパス機能から取得した位置情報に基づいて携帯端末の位置と向けた方向を読み取り、端末の画面に表示される現実の映像上に、「三井のリパーク」の駐車場名称や所在地情報、現在地から駐車場までの距離、駐車場の満車・空車情報などを表示するというもの。表示された駐車場情報をタップすることで駐車場までのルート案内を利用することもでき、さらにWebページに接続することによって、利用可能な支払手段、ゲート式かフラップ式か、など詳細な駐車場情報を確認することも可能となっている。なお、駐車場情報は5分おきに更新されており、満車・空車などの情報については、リアルタイムに近いかたちでの提供を実現している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年1月号の記事