情報コンテンツと広告コンテンツを組み合わせた地域密着型メディアを展開

福岡街メディア

限られたエリアに500面以上のディスプレーを配する地域密着型メディア

 ソフトバンクグループでデジタルサイネージ(DS)・メディアの企画・開発・運用などを手掛けるCOMEL(株)では、2007年3月から、九州・福岡を舞台に、DSを活用した地域密着型メディア「福岡街メディア」の運営を行っている。プロジェクトの実施エリアとして福岡を選択した理由は、空港や駅、ビジネス街、繁華街などが比較的狭い範囲に集中しており、地域密着型メディアが成立しやすいと想定されたこと。さらにソフトバンクグループのプロ野球球団、福岡ソフトバンク・ホークスの本拠地であり、グループ力を生かしてホークス関連のコンテンツを提供すれば、浸透しやすいのではないかという考えもあった。
 ディスプレーの設置場所は、スーパーマーケット・量販店、コンビニエンスストア、ドラッグストア、飲食・小売店、空港・駅・バスセンター、公共施設、商業ビル、商店街など。当初は64面からスタートしたが、その後、認知度の向上に伴い設置場所が順調に拡大し、現在では500面以上を展開している。なお、ディスプレーには、空港・駅・バスセンターの通路や公共施設などに設置している40インチディスプレーを筐体に組み込んだ縦型と、商業施設のレジ上などに設置している32~52インチの横型がある。
 放映コンテンツは、基本的に「試合速報」「ホークスニュース」「順位表・ランキング」などの福岡ソフトバンク・ホークス関連コンテンツのほか、スポンサー提供による広告コンテンツ、ディスプレーの設置場所オーナーによるロケーション・オーナー・コンテンツなどにより構成されている。運営コストはスポンサーからの広告収入により捻出する仕組みであり、広告モデルのメディアであると言える。ちなみに、広告料金は15秒枠で1日の掲出回数のべ2万4,000回、2週間掲出の場合で50万円(税別)が基本だ。なお、コンテンツ編成は15分ロールで行っており、ロケーション・オーナー・コンテンツ以外については、原則的にすべてのロケーションで同一内容が放映される仕組みであるが、設置場所オーナーの要望などにより、一部を差し替えるケースもある。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年6月号の記事