書店店頭でデジタルサイネージを活用した新メディアの可能性を検証

ほんやチャンネル

(株)ニッセンと日本出版販売(株)は、書店店頭におけるデジタルサイネージによる情報発信メディア「ほんやチャンネル」の実験を共同で行った。今回の実験では、首都圏の書店50店舗の店頭にデジタルサイネージ機器を設置。雑誌・書籍広告のほか、近隣の飲食店や映画館などの情報も発信し、書店店頭のメディア化の可能性を探った。

通販と出版取次の大手企業が共同で書店を舞台とするデジタルサイネージ活用実験を実施

 (株)ニッセンと日本出版販売(株)(以下、日販)は2009年10月下旬~2010年3月、共同で書店店頭における高機能なデジタルサイネージ(DS)による情報発信メディア「ほんやチャンネル」の実験を行った。
 通販大手のニッセンでは、従来から書店ルートでのカタログ配布ネットワークを有しており、書店の可能性に注目していた。その中で今回の実験では、新しいメディア事業としてのDSの可能性の検証と、DSのリーダー部分にタッチした顧客にメルマガを発行するなど、通販事業におけるマーケティングとの連動効果の確認を狙いとしていた。
 一方、国内最大の出版取次会社である日販では、出版不況と言われる中で、DSが書店の店頭活性化と集客アップに寄与するか、またDSを活用することで、新たなビジネスモデルを確立できるかを検証するべく、今回の実験に取り組んだ。
 「ほんやチャンネル」の舞台となったのは、日販がマーケットニーズに応じた的確な商品供給による効率的な販売を目指して展開しているwww.project(トリプルウィン・プロジェクト)参加店で展開している店頭強化策「パワーレイアウト」の契約店。首都圏の大型チェーン書店を中心に、ビジネス街、住宅地など、さまざまなロケーションの50店が選ばれた。なお、店舗側の負担はDS設置スペースと電源の用意だけであったため、比較的好意的に受け入れられた。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年6月号の記事