ブッフェ方式のミュージック・レストランでデジタルサイネージの効果を検証

渋谷飲食店を利用した実証実験

デジタルサイネージコンソーシアムの指標部会は、東京・渋谷に新規オープンした「SPACE SHOWER TV THE DINER」を舞台にデジタルサイネージ効果検証実験を行った。同実験ではブッフェ・デザートカウンターなどにディスプレーを設置。店内インフォメーション、メニュー・食材インフォメーションなどを放映し、その効果検証を行った。

東京・渋谷のミュージック・レストランでデジタルサイネージの効果検証実験を実施

 デジタルサイネージコンソーシアム(DSC)指標部会では、2010年3月14日から31日まで、渋谷「SPACE SHOWER TV THE DINER(スペースシャワー・ティーヴィー・ザ・ダイナー)」においてデジタルサイネージ(DS)の効果検証実験を行った。
 DSCは「デジタルサイネージ産業が直面する課題の解決と新市場の創出」と「生活シーンにおけるサイネージ経験価値の向上」をミッションに活動を続ける業界団体。会員企業は2010年4月現在、DSにかかわるハードウエア・サプライヤー、媒体社、広告事業者、システム事業者、コンテンツ・サプライヤーなど150社以上に及んでいる。
 その中で指標部会は、DS設置の際の媒体力を評価する指標についての検討など、DSを活用した広告取引の参考となる指標を作成することによるDS広告事業の支援を行う部会として位置付けられている。
 DSCでは、DSの効果を測定するに当たっては、視聴状態や携帯電話のような他媒体への誘導状況などを把握する必要があり、既存の指標では実態に則していないという観点から、Attitude、Information、Contents、Circulation、Timing、Emotionの組み合わせにより構成される「AICCITEモデル」の媒体指標としての確立を目指しており、今回の実験は、その中でも特にInformation、Contents、Emotion 、Timingの各項目について、実際の飲食店で検証を行うことを目的に実施された。
 実験の舞台となった「SPACE SHOWER TV THE DINER」は、2010年3月14日、東京・渋谷にオープンした日本最大級のミュージック・レストラン。運営は衛星放送「スカパー!」およびケーブルテレビ局向けの番組供給などを手掛ける(株)スペースシャワーネットワークの全面協力の下に行われており、店内に設けられたステージでは、同社制作の「スペースシャワーTV」レギュラー番組収録のほか、毎日さまざまなアーティストによるライブを実施。席数は350席で、ブッフェ方式により、常時50種のフード&スイーツを提供している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年6月号の記事