日本最大規模の個人投資家向けコミュニティ

(株)マスチューン「みんなの株式」

個人投資家の声を“集合知”とすることを目的に開設された「みんなの株式」は、17万人を超える会員を集め、個人投資家向けコミュニティーとしては日本最大規模となった。同時に「荒らし」の少ない健全なコミュニティー形成にも成功していることが、広告出稿企業などから高く評価されている。

会員の売買予想を集計して表示

(株)マスチューンが運営する「みんなの株式」は、株式投資をテーマとしたSNSサイトである。
 サイトの目玉となっているコンテンツは「みんかぶポートフォリオ」だ。このコンテンツは、会員がさまざまな株式銘柄について、今後、株価が上昇すると思えば「買い」、下落すると思えば「売り」の予想を投稿すると、その集計結果が表示されるというものだが、特徴的なのが予想を投稿した会員の過去の予想的中状況をパフォーマンスとして数値化し、各銘柄への投稿数と乗じて「買い」「売り」の上位銘柄ランキング(25、50、100銘柄の3種類)として表示していること。つまり、予想の的中率が高い会員の判断は信頼性が高いというロジックを採用している点である。
 上位銘柄ランキングに表示されている銘柄をクリックすると、その銘柄の株価情報とともに、個別の売買予想が表示される。予想を投稿する際には、「目標株価」「期間」〔その目標が短期(数分~数日)、中期(数週間~数ヶ月)、長期(数ヶ月~数年)のどれを対象とするものか〕、「予想理由」を入力するかたちとなっており、売買予想をパフォーマンス順に表示することもできるため、パフォーマンスが高い会員がどのような理由で、「買い」「売り」どちらの予想をしているかを確認することも可能だ。
 さらに各銘柄について、会員が意見を交換する「掲示板」、関連するニュースが表示される「ニュース」、株価と予想投稿のチャートが表示される「チャート」、基本的な企業情報が表示される「企業情報」といったコンテンツも用意されており、株式投資の参考にすることができる。
 特徴的な機能として、3月1日より「日記投稿の銘柄紐付け」機能がリリースされた。これはある銘柄に関連する日記を投稿する場合、4桁の証券コードを登録することにより該当銘柄ページに自分の日記がリンクされる(トラックバックのようなもの)。それによって銘柄を通じたコミュニケーションが可能になるというもの。これも株のSNSならではの機能と言えそうである。
 「みんなの株式」はオープン型のSNSサイトであり、基本的な属性情報や株式投資歴・スタイルなど、必要な情報を入力すれば、誰でも会員登録をすることができる。2009年2月現在の会員数は17万人超。性別では男性が6割強、年代では20~30代が8割強、投資経験がある会員が7割弱、うち投資歴2年未満の会員が5割弱となっている。その中で頻繁に投稿を行うコア会員は3万人程度であり、投稿数は約2,000件/日となっている。ちなみに月間の訪問会員数は延べ70万人程度である。
 なお、「みんなの株式」は当初PC版のみの展開であったが、2008年秋にモバイル版を開設。現在ではほぼすべての機能をモバイルからも利用することができる。PCとモバイルを併用している会員が多く、特に平日の昼休みや通勤時間帯などはモバイルからのアクセスが多くなっているとのことである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年4月号の記事