SNSにより旅行者と旅行関連企業の対等な関係づくりを推進

フォートラベル(株)「フォートラベル」

「旅行のクチコミサイトフォートラベル」は、2004年の開設以降、他社と一線を画するコンセプトで参加企業数、トラベラー会員数、口コミ数を増やし、月間300万人が利用する旅行特化型SNSへと成長した。現在は、旅行者と旅行関連企業の関係性に留意しつつ、企業側への情報提供にも力を注いでいる。

国内最大級のSNSサイトとして約300万人の利用者を獲得

 日本にさらなる旅行需要を生み出し、旅行マーケットの拡大に寄与すること。また、その結果として日本人の旅行文化に貢献することを目的に、2003年10月に設立されたフォートラベル(株)。同社では、翌2004年1月に旅行商品の検索と旅行記、口コミによる情報発信を中心とする旅行情報サイト「旅行のクチコミサイト フォートラベル」を立ち上げた。2005年1月には、価格比較サイトを運営する(株)カカクコムの完全子会社となり、2007年9月からはヤフー(株)の出資を得て事業を展開している。
 その名の通り、同サイトは旅行分野に特化したSNSである。サイト内の情報は、旅行会社などが掲載した情報と、トラベラー会員として登録した旅行者が投稿した口コミからなる。掲載・投稿された情報は、海外旅行と国内旅行とに大別され、ガイドブックのように旅行エリア・テーマのページにそれぞれ表示される仕組みになっている。海外旅行においては世界219カ国、2,234都市を網羅。国内旅行においては、全国47都道府県・市区町村別に旅行に関する情報を探すことができる。また、ダイビングや留学、温泉や家族旅行などのテーマから、旅行記や旅行会社を探すことも可能だ。
 同サイトは、国内最大級の旅行口コミサイトとして旅行者から高い支持を得ており、月間約300万人の旅行者が同サイトを利用している。2008年8月には、過去最高の320万人の利用があった。
 同サイトの運営費は旅行会社、航空会社、宿泊施設などから得られる広告収入によりまかなわれている。広告には、想定インプレッションベースのバナーなどのブランディング広告と、同サイトを経由して発生した成果に応じて料金が発生するアフィリエイト広告があり、両者の売上比率は1対1とほぼ同じだが、最近ではアフィリエイトによる売り上げがバナーを上回ってきた。旅行好きの会員が提供する良質な情報が利用者の潜在需要を喚起し、実際の契約につながっているためと考えられる。バナー広告収入に頼るサイトが多い中、同サイトの収益構造は確実に理想形に近づいていると言えよう。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年4月号の記事