容量無制限の写真・動画共有SNS

ウノウ(株)「フォト蔵」

デジタル写真・動画をアップロードして保存できる「フォト蔵」。アップロードした写真・動画はアルバム単位で公開範囲を設定でき、それぞれに説明文やタグを付けたり、並べ替えたりすることができる。登録会員数は20万人超。家族写真をアップロードするファミリー層のほか、団塊の世代以上の男性層やブロガーなどの利用も増加している。

写真や動画を共有するSNSサイト

 ウノウ(株)が運営する「フォト蔵」は、写真や動画の共有が行えるSNSサイトである。
 「フォト蔵」がオープンしたのは2005年。当時はデジタルカメラの価格が低下して急速に普及が進み、また、ケータイのカメラ機能が向上したことで、デジタル写真を撮影する人が急増した時期であった。世界に通用するWebサービスの提供を模索していたウノウはこのような状況を背景に、ケースや被写体によって一般に公開されたり、家族や仲間内だけで共有されたりするなど、多様な性格を持つ写真・動画という素材とSNSの相性がよい点に注目して、テーマを写真・動画に特化したSNSを開発し、提供を開始したのである。
 「フォト蔵」の基本的な機能は、デジタル写真・動画をアップロードして保存できること。アップロードした写真・動画は、基本的にインターネット上で公開する「公開アルバム」、“友達”全員に公開する「友達アルバム」のいずれかに保存されるが、さらに、「フォト蔵会員のみに公開する」「選んだ友達に公開する」「公開しない(自分以外は見られない)」アルバムを作成・保存することもできる。つまり、アルバム単位で公開範囲を設定できるわけである。
 アップロードした写真・動画には説明文やタグを付けることもできる。また、アルバムの表紙をどれにするか、アルバム内でどのように並べるかなども自由に設定できるようになっており、まさにWeb上でリアルなアルバムを作成しているかのようだ。
 「フォト蔵」の最大の特徴は、アップロードの合計容量に制限がないこと。月間最大容量は当初1GBだが、アップロードした写真・動画に他の会員からコメントが付いたり、他の会員のお気に入りに追加してもらったりすることによって付与される「フォト蔵ポイント」が40ポイント以上になると3GBにまで拡大される仕組みになっており、気軽にアップロードできる環境が整えられている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年4月号の記事