信頼関係をベースにデジタル画像によるコーディネート提案

(株)銀座テーラー

「イノベーション・テーラー」をモットーに、価格帯の低い新ブランドの立ち上げやレディースのオーダー、テーラー職人育成の専門学校の立ち上げ、男性専用美容サロンのオープンなどを推進してきた(株)銀座テーラー。伝統を守りつつ新しいものを取り入れる同社の取り組みは、顧客とのコミュニケーションにおいても変わらない。

老舗テーラーはイノベーション・テーラー

 銀座・並木通りに店舗を構える銀座テーラーは、1946年に鰐淵正造氏が創業した、63年の歴史を持つ老舗のテーラーである。創業以来、独自のデザイン、裁断、縫製と注文服へのこだわりで品質と個性を守り、正統派のオーダーブランドを継承してきた。メイドイン銀座の手縫いのスーツは、政財界のVIPから熱く支持されており、その顧客には著名人が数多く名を連ねる。
 顧客の年齢層は30代以上と幅が広いが、メインとなるのは50代後半から60代。30~40代は、インターネットを検索して来店するケースが多い。
 これぞ銀座テーラー、ともいうべき年間600着限定のハンドメイドオーダーの価格は、スーツで30万円以上。フルオーダーワイシャツは3万円以上と高価だ。そのため、バブル崩壊後の景気低迷に伴い売り上げが落ち込んだ時期もあったが、慣習にとらわれず、それまで手掛けていなかった革製品やレディース、紳士服の2次ブランド、オーダーデニムの取り扱いを開始して品揃えを拡大すると同時に、価格帯を下げることで新しい顧客層を獲得。業績の低迷を打開していった。現在は、伝統ある「銀座テーラーハンドメイド」を筆頭に、オートクチュールとパターンオーダーによる「レディース」、紳士服の仮縫い付きセミオーダーブランド「SAMURAI(サムライ)」、オーダーデニムの「Jeans Bar(ジーンズ・バー)」、ネクタイやワイシャツなどのアイテムを展開している。
 中でも、合理的、構築的な洋の思想を具現化した洋服と、繊細で美しい和の伝統技術、漆塗り、西陣織、花押を融合させた点を特徴とする「SAMURAI」は、2004年に創業60周年を記念して立ち上げられたブランド。加工の一部に機械を使っているほか、手掛ける職人が異なるが、生地のランクはハンドメイドオーダーと変わらず、価格はハンドメイドオーダーの半額程度に設定されている。当初は、銀座テーラーの2次ブランドと位置付けられていたが、現在では全売り上げの約3割を占めるまでに成長した。
 2006年にオープンした、オーダーメイドジーンズの「Jeans Bar(ジーンズ・バー)」は、すでに何着ものスーツを持っている固定客への新たな提案としてスタート。地道な広報活動により、今では広く知られるようになった。
 品揃えを拡大する一方、テーラー職人の育成にも注力。洋服を機械に頼らず人間の手で創り上げる技術と精神、そしてテーラービジネスのノウハウを後世に伝えていくことを目的に、日本初のテーラー技術者養成のための専門学校、「日本テーラー技術学院」を設立した。このほか、銀座テーラービルディング6Fに、メンズ美容サロン「ジェントリー」をオープン。男性のためにヘアカットからリラクゼーションまで、きめ細やかなサービスを提供している。銀座テーラーは老舗テーラーであると同時に、伝統を守りつつ新しいことにチャレンジする「イノベーション・テーラー」でもあるのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年3月号の記事