顧客のスイングを科学的に計測し結果に応じた提案を実施

(株)アルペン ゴルフ5  板橋本町店

ゴルフ用品専門店のゴルフ5では、顧客のスイングを科学的に計測し、その結果に応じた提案を行うためのシステムとして「3カメ計測」を導入。上部、横、後方の3台のカメラで撮影・計測し、弾道解析に基づいて顧客の悩みを解消するクラブの提案を行い、好評を博している。今後は計測結果を的確に読み取り、その結果に基づいて顧客のスイングやニーズに合致したクラブを提案する能力を一層向上することにより、同業他店との差別化をさらに進めていく意向だ。

科学的データに基づいて顧客にベストマッチするクラブを提案

 ゴルフ5は、スキー用品をはじめとするさまざまなスポーツ用品の商品開発や販売を手掛ける(株)アルペンが1983年にスタートさせたゴルフ用品の専門店。「低価格・高品質・高度なアドバイス・豊富な品揃え・最大の顧客満足」という5つの理念の下、ゴルフの初心者から中級者、さらには上級者をも含めたあらゆる層のゴルファーのニーズに応えるため、幅広く、かつ奥行きのある品揃えを展開し、プライベートブランド(PB)クラブ「トブンダ」シリーズなど、良質な商品をリーズナブルな価格で提供。店舗網は2009年1月現在、北海道から九州まで日本全国で180店舗に及んでいる状況だ。
 昨今のゴルフブームの中、老若男女さまざまな層でゴルファー人口が増加している。同社では前述の通り、初心者から中級者、上級者までに対応する品揃えを行っているが、「10人のゴルファーがいれば、スイングも悩みも10通りある」と言われるほど、顧客側の多様性が高い状況であることから、経験や勘に頼った型どおりのアドバイスだけでは、顧客一人ひとりにベストマッチするクラブを提案することはできない。このような状況に対して、顧客のスイングを科学的に計測し、その結果に応じた提案を行うためのシステムが、同社独自の「3カメ計測」である。
 3カメ計測の基本的な仕組みは、顧客に試打席で試打してもらい、ヘッドの進入角、インパクト時のシャフトの傾き、ヘッドスピード、打ち出し角度、バックスピン量などを、上部、横、後方の3台のカメラで撮影・計測し、弾道解析に基づいて顧客の悩みを解消するクラブを選び、提案するというもの。スイング計測器自体はゴルフ用品業界では広く普及しているものであり、ほかの専門店チェーンなどでも導入されているが、一般的にはカメラは横と後方の2台のみであり、上部を含む3台のカメラを使っている点が同社ならではの特徴となっている。
 3カメ計測システムはゴルフ5の180店舗のうち、8割を超える149店舗に導入されているが、今回のケーススタディでは10年近くにわたってこのシステムを運用している板橋本町店の例を紹介することとする。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年3月号の記事