ペット市場に潜在化していたニーズを掘り起こしたペットシッターサービス

(株)日本ペットシッターサービス

景気の好不調に関係なく市場を拡大化させてきたペット業界は、近年の小型犬ブームや単身世帯数の増加、少子高齢化などの時流も重なり、さらなる成長が見込まれている。そんな中で、モノではなくサービスによって新たな市場を掘り起こした(株)日本ペットシッターサービスの市場開拓手法、今後のビジネス展開を紹介する。

成長を続けるペット産業に伴う新サービス

 日本におけるペット市場は1965年以降、急速に成長したといわれる。また、同市場は景気の良し悪しに関係なく伸張しており、市場規模は今や2兆円と見られている。特に近年は単身世帯数の増加や、小型犬ブームなどの影響でペット飼育数は急速に増え、現在は全世帯の約4割が、なんらかのペットを飼育しているというデータも出ている。今後も少子化・高齢化という社会動向を考えると、ペット飼育数はまだ増加傾向を維持していくというのが関連業界の見方だ。
 そんな状況下で、ペットに関するサービス業の需要も増えており、近年は飼い主に代わってペットの散歩や餌やりなどの世話を代行する「ペットシッターサービス」が注目されている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年8月号の記事