TVCMからネット、教室へと誘導し体験・入会促進を狙う

ヤマハ(株)

ヤマハ音楽教室では、主に2歳から小学生までの子どもを対象としたコースにおいて“適期教育”を謳い、年齢に合わせてコースを設けている。5月開講の春の募集キャンペーンには、対象児とその親の関心喚起を図るTVCMと親が情報収集するWebサイトに、イメージキャラクター「ぷっぷる」を起用。統一感ある展開と的確な情報提供に努めている。

春の開講に向け親子を対象に広告展開

 音楽の普及啓蒙を狙って、50年以上の歴史を持つ「ヤマハ音楽教室」。大人向けの音楽教室を開講して20年経つなど、年齢を問わず音楽に興味を持つ人に広くコースを用意している。主に2歳児~小学生の子どもを対象とした教室においては、2歳児は「音楽とふれあう」、3歳児は「音楽を楽しむ」、4・5歳児は「聴いた音をドレミで歌う、弾く」というように、年齢に合わせてコースを設けている。「きく」「うたう」「ひく」「よむ」の4つの指導内容を、子どもの耳の発達や理解力に合わせた最適なカリキュラムで展開する“適期教育”を謳い、父兄同伴のグループレッスンの方針を採っている。
 生徒募集については、マス広告に関しては音楽普及部と広報部が、地域ごとのキャンペーン展開については音楽普及部や各教室会場が担当している。
 近年の傾向として、子どもの習いごとに高い関心を寄せる親が増えるにつれ、多様化と開始時期の低年齢化が加速しており、競合環境は激化していると言える。
 同社では、5月の開講に向けたプロモーション展開を、近年では毎年1月からTVCMとWebサイトを中心に行っている。TVCMにより生徒募集キャンペーンの認知を高め、Webサイトへ誘導して教室情報を収集できる流れを設計。Webサイトでは、キャラクター「ぷっぷる」をアイコンに使いながら、親しみやすくわかりやすい構成とし、スムーズに教室検索・体験教室の申し込みを行うことのできる導線を整備している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年5月号の記事