ブランドの老朽化を防ぐために映像コンテンツと連動したクロスメディアを展開

日清食品(株)

日清食品(株)のカップヌードルは、お湯をかければ3分間で出来上がるというインスタントカップ麺の代名詞。同社では2006年4月より、FREEDOM製作委員会とのコラボレーションによる「FREEDOM PROJECT」をスタートした。大友克洋の描くキャラクターが躍動するDVDアニメ作品と連動したTVCMが大いに話題を呼んでいる。

若年層にターゲットを絞り込みアニメーションを採用

 日清食品(株)から1971年に発売されたカップヌードルは、インスタントカップ麺の元祖とも言うべき存在であり、発売以来多くの人に愛用され続けている。同社がその35周年を記念して2006年4月より行っているプロモーションが、 「FREEDOM PROJECT」 である。
 カップヌードルのプロモーションは1990年代以降、「Hungry?」篇、 「20世紀ヌードル」篇、 「NOBORDER」篇など、常に斬新な映像とメッセージにより多くの話題を喚起してきた。幅広い顧客層に支え続けられてきたカップヌードルは、食品業界の中でも最も確立された定番ブランドであり、そのプロモーションの目的は常に、商品のイメージを陳腐化させず、顧客の間で新鮮さを維持し続けることにあった。
 「FREEDOM PROJECT」も、メッセージを刷新して「カップヌードル」というブランドの老朽化を防止することが目的なのだが、今回の特徴は若者にターゲットを絞ったこと。同社は顧客の意識・満足度の定点観測の結果から、特に若者の間でのイメージの希薄化の進行を危惧し、若者の広告接触を最大化する仕掛けとしてアニメーションに着目。FREEDOM製作委員会とのコラボレーションによるクロスメディア施策を通じて、商品イメージの刷新を図ったのである。

132-1

TVCMには摂食シーンが多く挿入されている

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年5月号の記事