メルマガやWebサイトをフル稼動しポイント倶楽部会員のランクアップを図る

楽天(株)

楽天(株)は楽天スーパーポイントを獲得しているアクティブユーザーを対象に「楽天ポイント倶楽部」を創設。会員を4ランクに分け、それぞれのランクに応じた特典を提供している。現在、同社では、会員ランク別にメルマガやWebサイトでランクアップやポイント倍増オファーを展開し、会員の利用促進と同時にランクアップを図っている。

楽天グループの相乗効果で過去最高の売上高を記録

 1997年の創業以来、来年で10周年を迎える楽天(株)。1997年5月のインターネット・ショッピング・モール「楽天市場」のオープンを皮切りに、企業向けサービス取引市場「楽天ビジネス」、ゴルフ場予約サイト「楽天GORA」、個人向けオークションサイト「楽天フリマ」、楽天証券(株)によるオンライン証券取引サービスなど、楽天グループはさまざまな新しいサービスを創出。また、M&Aや業務提携を通じて宿泊予約などの総合旅行サイト「楽天トラベル」、楽天KC(株)によるクレジット・カード事業などサービスの枠組みを拡大してきた。
 また、ID統合(各サービスのユーザIDを楽天会員IDとして統合)により、同グループが提供するさまざまなサービスをひとつのIDで利用することができるワンストップ・サービスを実現。さらには、「楽天スーパーポイント」の積極活用により、各サービス間の回遊性を促進し、ユーザーの利便性を格段に高めることに成功した。これらの取り組みの結果、サービス間の“シナジー効果”により、グループ全体の流通総額が大きく伸長。例えば、楽天市場と楽天トラベルを併用するユーザーの割合が、2005年6月の12%から2006年5月には20%に、楽天が提供するサービスを2つ以上利用している割合では、2005年3月の18.6%から2006年6月には23.1%に増加した。このことから、楽天ブランドでトラフィック(Webサイト来訪者数)を集め、あらゆる会員に質の高いサービスを提供することが高収益につながっていると見ている。同社がこの8月に発表した2006年6月中間決算では、売上高が前年同期比約2.9倍の1,053億円、営業利益は77.7%増の192億円、最終利益が37.1%増の71億円でいずれも過去最高となった。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年10月号の記事