安全性や最速最短、定時発着率の高さ 高品質のホスピタリティが高いリピート率に

フィンランド航空

80年を超える歴史を誇るフィンランド航空。同社は安全性や最速最短、定時発着率で高い評価を得ている。また、機内サービスやホスピタリティにも定評があることから、顧客満足度が高いという評判だ。個々の乗客からの要望への対応など、パーソナルタッチのサービスを貫くことで、顧客との関係を構築している。

日本とヨーロッパの多くの都市を最速最短で結ぶ航空会社

 世界の航空業界は、1990年代から格安航空会社の勃興や航空自由化によるコスト削減・競争激化を受け大きな再編が起きていた。そんな最中、米国同時多発テロ事件が起き、旅客数の低下や保険料の値上げ、原油価格高騰による燃料費の上昇などもあり、航空業界各社の経営は悪化していた。こうした状況の中、世界の航空会社は経営統合や提携など再編に拍車がかかり、スターアライアンス(Star Alliance)、ワンワ-ルド(oneworld)、スカイチーム(SkyTeam Alliance)の3グループに集約されつつある。
 oneworldに加盟するフィンランド航空(フィンエアー)の設立は1923年。世界で5番目に歴史のある航空会社で、北欧のフィンランド共和国最大の航空会社および国営フラッグ・キャリアである。現在、世界約50路線、国内約20路線へのフライトを運航中。特に国際線では、ヨーロッパの主要都市から北米、中東、東南アジア、極東への幅広いルートを持っている。
 国営フラッグ・キャリアのフィンエアーだが、航空会社の規模としては「ニッチ・キャリア」。同じフラッグ・キャリアでもドイツのルフトハンザ航空は、Star Allianceに加盟し、世界約96カ国、411都市あまりに就航。保有機材数は377機と、フィンエアーの69機の約5倍強だ。また、2005年6月には、SkyTeam Alliance に加盟するKLMオランダ航空とエール フランス航空の2社が統合し、AIR FRANCE KLMというヨーロッパ最大級の航空グループを形成している。
 こうした中で、同社は、航空会社として独自色を出すことが求められてきたと言えるだろう。それが、航空会社としては初めて禁煙席を設けたり、他社に先駆けてコンピュータ・ナビゲーションシステムを導入するなど、航空業界のパイオニアとして常に先進のサービスを提供してきたことに現れている。1985年には、運航技術の高さが評価され、運航スケジュールの正確さでヨーロッパ全キャリア中で第1位となった。また、定時発着率については、AEA(ヨーロッパ航空協会)の調査によると、2004年度、2005年度と2年続けて第1位を記録。ヨーロッパの航空会社約30社中で、最も時間に正確な航空会社として認知されているという。
 日本支社の開設は1972年。1983年 4月に、ヘルシンキ-東京間の直行便が就航。北極上空を通過するルートで週1便にて運航をスタート。これは、北極上空ルートによる世界初の日本-ヨーロッパ間ノンストップ便として話題になった。現在、「成田、関空、名古屋からわずか9時間30分」と、日本とヨーロッパを“最速最短”で結ぶ航空会社として知られ、ガイドブック『地球の歩き方』2005年エアラインランキングにおいては、利便性部門で第1位を獲得。ヘルシンキはもちろん、最速最短で到着するヨーロッパ主要都市の数が、成田から約10都市、関空から約20都市、名古屋から約25都市を数えることも高く評価されている。第2位のルフトハンザ航空の約8都市に比べてはるかに多い数字だ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年10月号の記事