必要なタイミングで利用しやすい接点でのアクセスを提供

(株)ファンケル

(株)ファンケルは、美容関連事業の情報誌『エスポワール』と鍵康関連事業の情報誌『元気生活』を通販事業における重要なコミュニケーションツールへと成長させた。また、ユーザーニーズに応えるかたちで、店舗展開を積極的に推進。さらに、1997年にはネット販売を開始し、現在はネットならではのプロモーションを展開。それぞれのチャネルの役割を最適化して、事業を推進している。

販売チャネルを増やすことでお客様の「不」を解消

 「肌を美しくするはずの化粧品に肌を傷つけてられている。そんな悩みを抱える女性が安心して使える化粧品をつくりたい」という創業者の想いが、(株)ファンケルの原点である。1982年、2年近くの研究・テスト販売を経て、肌トラブルの原因である防腐剤を一切排除した無添加の5mlのバイアル容器入り化粧液を完成させ、通信販売をスタートさせた。以来、生活の中の「不」の解消を企業理念に新しい価値を創造するかたちで事業領域を広げ、現在は、化粧品関連と栄養補助食品(サプリメント)関連の2事業を“収益を目指す「コア事業」に、発芽玄米事業と青汁事業を“成長性を目指す「成長事業」”と位置付けて、美と健康という事業領域に挑み続けている。2005年1月現在、基礎化粧品など約100品目、メイク用品など約70品目、サプリメントなど約100品目を扱っている。
 1982年に発売された5mlのバイアル容器入りの製品は、防腐剤を含まないがゆえに、つくりたての製品を素早くユーザーの手元に届ける通信販売が最適な販路と判断。同社が通販で出発した理由がここにある。1985年には情報誌『エスポワール』を創刊。同誌は1995年と2001年のリニューアルを経て、通販事業における重要なコミュニケーションツールへと成長した。現在、美容と健康をサポートするコミュニケーションマガジンは、美容関連事業の情報誌『エスポワール』と健康関連事業の情報誌『元気生活』の二本柱で、それぞれ毎月発行している。
 通販には、商品がユーザーの手元に届くまでに「3つの手間」が存在するという。注文、受け取り、支払いがそれだ。同社では、通販システムをいかに簡略化し、こうした手間を軽減するかに努め、マルチチャネル展開を推し進めてきた。例えば、注文フェーズでは、 コンタクトポイントとして情報誌、Web、直営店舗を、注文チャネルとして電話、ハガキ、FAX、インターネットを用意。受け取りフェーズでは、留守でも登録場所に商品を置いていってもらえる「置き場所指定サービス」を開始。支払いフェーズではコンビニエンスストアでの代金払い込みサービスにも、業界に先駆けて取り組んできた。
 また、肌への使用感を試してみたい、現物のファンデーションや口紅などの色を見てみたいといったユーザーニーズに応えるかたちで、特にコンタクトポイントとしての直営店舗の拡充は積極的に進めている。1995年には、静岡市に直営店舗の1号店「ファンケルハウス」を出店。以来、着々と出店数を増やし、1998年12月の健康食品の中核ショップ「元気ステーション」開設、2005年春のジューススタンドを併設した新業態である美と健康のセレクトショップ「ファンケルハウスJ」オープンなどを経て、2005年9月末日現在、全国174店の直営店舗を展開する。今後も新規出店を加速させて、2007年3月期末には直営店舗300店体制を目指す。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年11月号の記事