ネットの充実、店舗の拡充でチャネルの拡大を推進

(株)千趣会

創立50年を迎える(株)千趣会。同社は、2002年1月から2004年12月までの中期経営計画の一環として、それまでの通販事業の枠組みにとらわれない改革を推進すべく、マルチチャネル化のプ口ジェクトを開始。さらに、2005年1月からスター卜した新3カ年の「中期経営計画」にインターネット・店舗への「チャネル拡大」による売上成長を盛り込むなど、マルチチャネル戦略を本格的に推進している。

2002年度から3カ年計画でマルチチャネル化プロジェク卜を始動

 2005年11月に創立50年を迎える(株)千趣会。同社の会員顧客数は約750万人、カタログの種類は約18種類で、総発行部数は約1億1,950万部を数える。総売上高は約1,471億円で、そのうちカタログ事業(ネット通販含む)は約1,197億円と81.4%を占める。
 同社は、2002年1月から2004年12月までの中期経営計画の一環として、それまでの通販事業の枠組みにとらわれない改革を推進すべく、マルチチャネル化プロジエクトを開設した。そして、2005年1月からは、新たに3カ年の「中期経営計画」をスタート。この計画では、①中核事業の収益力強化、②成長分野への積極投資、③ブランド価値向上を基本方針に掲げているが、中でも②は、20代と40代への「顧客年齢層の拡大」と、インターネット(PC、モパイル)・店舗への「チャネル拡大」による売上成長を実現するため、積極的な投資を行うという内容。これを受けて同社では、今年からマルチチャネル化を本格的に推進している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年11月号の記事