ブロードバンド時代におけるテレビとインターネットを融合

ジュピターショップチャンネル(株)

テレビショッピング専門チャンネル『ショップチャンネル』でお馴染みのジュピターショップチャンネル(株)。同社は、テレビと同期させたインターネットショッピングサイトおよび携帯電話サイトも開設し、テレビとインターネットを融合させながら、ブロードバンド時代における先駆的なマルチチャネル展開を進める。

Webサイトが持つインタラクティブ性を重視

 テレビショッピング専門チャンネル「ショップチャンネル」を展開し、日本におけるテレビショッピングのパイオニアとして1996年11月設立以来、急成長を続けるジュピターショップチャンネル(株)。2001年3月には日本初の24時間生放送を、2004年9月には完全24時間生放送化を実現。CSデジタル放送、CATV放送などを通じた通信販売事業をビジネスの柱に、テレビと同期させたインターネットショッピングサイト「ネットでSHOP」および携帯電話サイト「ケータイでSHOP」も開設し、テレビとインターネットを融合させながら、ブロードバンド時代における先駆的なマルチチャネル展開を進める。
 ホームページの開設は、1999年9月のインフォメーション・サイト立ち上げに遡る。テレビがOne Wayのメディアであるのに対して、Webはひとつのメディア内にインタラクティブなモジュールを持つ。そこで、インタラクテイブ性を事業展開のキーワードのひとつに据える同社では、双方向テレビを将来的なメディアとしてとらえ、2003年3月には「テレビ連動型オンラインショッピングサイト」を正式にオープンした。
 現在、商品閲覧できる主要メディアは、テレビ、Web、モバイル。注文は、コールセンタ一、Web、モパイルのそれぞれで受付可能だ。コンタクトポイントを幅広く持つことで、ユーザーは閲覧も注文も自在にメディアを選択できる。こうしたマルチチャネル展開の実現を可能にする体制として、商品買い付け・仕入から番組編成、受注、配送までを自社で管理する一貫管理体制を構築したうえで、テレビとネットという販売チャネルを超えた在庫情報の一元化や、商品マスターと顧客マスターのデータベースのリアルタイムでの連携を実現していることも見逃せない。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年11月号の記事