カタログを軸に購読者を意識したネットと店舗の運営を推進

(株)カタログハウス

カタログ『通販生活』で知られる(株)カタログハウス。カタ口グを有料で販売している関係上、同社では、購読者の存在を意識しながら、店舗とWebの展開を推進中だ。購読者とのコミュニケーションを大切にしつつ、カタログを軸にWebや店舗との連携を図っている。

著名人を含む多くのファンを獲得し着実に成長を遂げる

 著名人を含む多くのファンを獲得して着実に成長を遂げ、2005年3月期に316億円の売り上げを達成した(株)カタログハウス。
 1976年、同社の前身である(株)日本ヘルスメーカーが設立され、オリジナル開発の室内ランニング器「ルームランナー」の通信販売を開始したことは有名な話だ。1982年に社名をヘルス(株)に改め、有料カタログ『通販生活』を創刊。
 その後、1987年に社名を(株)カタログハウスに変更。1988年には、『通販生活』の発行部数が100万部を超えた。1997年に「もったいない課」、1999年に「リサイクルセンター」を設立し、ほかにも独自の取扱商品環境基準を定めた「商品憲法」を配布するといった個性的な取り組みを次々に展開してきた。同社の個性は、「モノへのこだわり」「環境へのこだわり」「社会貢献へのこだわり」といった“ちょっとだけ異端な存在であること”だという。その個性をメッセージ化して伝達する媒体が、カタログ『通販生活』なのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年11月号の記事