子どもたちの安全確保と保護者とのコミュニケーションに活用

(株)リソー教育

生徒1人に講師1人の“完全個別指導”の進学塾「TOMAS(トーマス)」で知られる(株)リソー教育。この3月1日から同社では、子どもたちの安全管理の一環として、また生徒と保護者に対するサービスをより一層向上させることを目的に、登下校情報を保護者の携帯電話などにメール配信するサービスを本格的に運用し始めた。

ICカードの導入で登下校情報をリアルタイムで保護者へ通知

 2004年の出生数が111万835人で、前年の112万3,610人より1万2,775人減少し、過去最低を更新したことが6月1日、厚生労働省の人口動態統計で明らかになった。少子化に歯止めがかからない中で、玩具メーカーや学習塾などの子どもを対象にする業界では、マーケットの縮小傾向に危機感を抱いている。こうした中で、元気印の企業がある。創業以来、20期連続2ケタ増収を更新中の(株)リソー教育は、首都圏のみで展開している、生徒1人に講師1人の“完全個別指導”の進学塾「TOMAS(トーマス)」を主力に高収益企業として躍進を続けている。
 現在、同社では、2003年に名門幼稚園・小学校への受験指導を主とする「伸芽会」をM&Aしたほか、情操教育を専門に行う「スクールツアーシップ」、家庭教師派遣の「名門会」、インターネット・テレビ電話による個別指導システム「ハローe先生」を展開する「日本エデュネット」といったグループ企業を擁する。
 近年、子どもたちが犠牲となる痛ましい事件・事故が相次ぎ、保護者の間で子どもの安全管理への不安が高まっている。こうした状況の中で、2004年10月、同社では進学塾「TOMAS」において、ICタグ付きカードを利用して生徒の登下校の時間を保護者にリアルタイムで知らせる仕組みを試験的に採用し、2005年3月1日から本格運用に踏み切った。生徒が登下校時に、カードを専用の読み取り機にかざすと、時刻を記したメールを保護者の携帯電話などに配信するというもの。生徒の出欠管理もできる。
 これは、「キッズ イン フィール」というサービスで、システムは大日本印刷(株)とドコモ・システムズ(株)が共同開発した。同社の投資額は1,000万円。運用にかかる費用は、「カード発行手数料」として初期費用3,150円、「環境安全費」として毎月525円を、生徒(保護者)に負担してもらう。現在、全生徒のうち約6割が加入しており、随時入会手続きを行っているという。
 同社ではICカードを導入するまで、タイムカードで生徒の登下校管理を行っていた。ICカード導入の経緯について、同社教務部校長の天坊真彦氏は、「子どもたちが下校する時に、自宅に連絡を入れたり、親御さんからは“塾に行ってますか”“もう帰りましたか”という問い合わせが多く、登下校を知らせるニーズがあるのではないかと思ったことと、防犯といった安全面もありました。多少費用がかかっても、抵抗なく申し込みいただいています」と語る。現に保護者からも、「安心する」「塾に行っていることが確認できる」と反応も良好だ。現在、天坊氏の子どもも「TOMAS」に通っているので、氏の携帯電話に登下校時にメールが送信されてくる。実際に、「○○君は○月○日○○校を○時○分に退室されました」という受信メールを見せていただいたが、氏もメールを受信すると、ひとりの父親として安心感が湧いてくると言う。
 初期導入の段階では、システム上のトラブルによって保護者にメールが届かないケースがあり、「いつまで経ってもメールが届かない」「塾に行っているのか」といった電話が寄せられることがあったと言う。現在では、システム上の問題も解決し、順調に機能している。
 同社では、今後、全49校に通う約1万1,000人の全生徒にカードを保有してもらう意向で、この6月には、タイムカードを撤去した。天坊氏は、「低学年の生徒の場合は、親御さんが“送り迎えをするから、まだ必要ありません”と言われることもあります。ただ、当社から親御さん宛てに、今後はいろいろな情報をメール配信していく計画なので、申し込みいただくと、いろんな付加価値が出てくると思います」と説明する。

使用風景

登下校時に専用のリーダーにカードをかざすと、リアルタイムで保護者の携帯電話などにメールを送信

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年8月号の記事