リアルタイムの在庫管理で密度の濃い接客を可能にする

(株)三越

4月26日から日本橋三越本店の婦人靴売場で、ICタグを百貨店業界で初めて本格導入した。リアルタイムで在庫管理をし、欠品を防ぐとともに、店頭での接客を効率化し、“お待たせしない婦人靴売場”を実現、顧客満足度の向上を目指す。

“お待たせしない婦人靴売場”の実現を目指す

 (株)三越では、この4月26日から日本橋本店1階「レディースシューズサロン」の「キャリアゾーン」と呼ばれる婦人靴売場で、百貨店業界で初めてICタグを本格導入した。これは、顧客自身がICタグが付いた靴をICタグリーダー機能を搭載した専用テーブルに置くと、タッチパネルPC上でサイズや色の異なる商品の在庫を確認できたり、販売員が接客しながらPDA(無線携帯端末)で在庫を確認できるという仕組みだ。これにより、リアルタイムでの在庫管理が可能になった。
 ICタグが導入されたキャリアゾーンは、売場面積27坪で、対象商品は、靴卸の(株)シンエイから仕入れる13ブランドの店頭約1,000フェイス、在庫約6,500足である。
 この本格導入にさかのぼること約半年前の2004年10月12日、日本百貨店協会と日本アパレル産業協会が合同で行った経済産業省の「平成16年度電子タグ実証実験事業」の一環として、日本橋三越本店1階の婦人靴売場で実証実験がスタートした。実験を婦人靴とした理由を、同社商品本部商品システム推進部担当課長の伊藤卓生氏は、「婦人靴は、色とサイズのバリエーションが多く、また、ファッション性の高い商品なので、短いサイクルで動いています。シーズン当初は在庫があっても、サイズ切れを起こしてしまうケースが多かった。そのため、お客様から、『この靴の24.5cmありませんか』と聞かれた場合、倉庫に確認に行って『ございませんでした』。『じゃ、こちらありますか?』と言われて、また倉庫に見に行って、『ございませんでした』ということが起きてしまう。何度も倉庫を往復しなければならず、お客様をお待たせしてしまっているのです。この待ち時間を短縮して、“お待たせしない婦人靴売場”を実現するために、ICタグの技術が使えないかということで実験を行いました」と説明する。
 実験期間は、2004年10月から12月までの約2カ月間と2005年2月の約2週間。2005年2月には、(株)阪急百貨店有楽町店の婦人靴売場でも実験を行い、百貨店として標準的に使用できるかを実験した。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年8月号の記事