ICカードと手のひら静脈認証で利便性と安全性を高めリテール業務の拡大を狙う

(株)東京三菱銀行

都市銀行で初めてキャッシュカードにクレジットカード、そして電子マネーの機能を加えた多機能ICカード「スーパーICカード『東京三菱-VISA』」の取り扱いを開始した(株)東京三菱銀行。IC技術と手のひら静脈認証を導入して安全性を高めると同時に、顧客の利便性向上に努め、リテール業務の拡大を図っている。2005年4月には、カードのラインナップを拡充。本格的なサービス展開へと乗り出した。

かつてない使いやすさを追求した「スーパーICカード『東京三菱-VISA』」

 (株)東京三菱銀行では、2004年10月、都市銀行(以下、都銀)初のキャッシュカードとクレジットカード、そして電子マネーの機能を搭載した多機能ICカード「スーパーICカード『東京三菱-VISA』」の取り扱いを開始した。
 当初は年会費1万500円(税込み)のゴールドプレミアムの取り扱いを開始したが、認知度が高まった12月ごろから申込件数が急増。1日に1,000枚を超える申し込みが寄せられるほど好評を博した。これを受けて、2005年4月からは、年会費無料の一般カードとキャッシュカードと電子マネーに機能を絞ったICキャッシュカード(2,100円税込み、有効期間5年)をラインナップに加え、本格的なサービス提供を開始している。
 同行が都銀初のスーパーICカードを開発した背景には、顧客の利便性を高めるという狙いがあった。従来、機能ごとに分かれていたクレジットカード、キャッシュカードを1枚にまとめ、さらに電子マネー機能も加えることで、現金の出し入れからレストランやコンビニなどでの決済まで、スーパーICカード1枚でできるという、かつてない使いやすさを追求したのである。

0508-c2

年会費無料の一般カード(上)と、ICキャッシュカード(下)

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年8月号の記事