ICチップを搭載したリストバンドで非日常を実現

(株)東京ドーム

都会の真ん中で天然温泉を満喫できることで注目されているスパ ラクーア。エステなど癒しの数々とリゾートの雰囲気の演出に一役買っているのが、ICタグを活用した館内システムだ。オープンから2年が経過した今、同社では収集したデータをプロモーションに活用しようと、検討を開始した。

ICタグを利用したキャッシュレスシステムを採用

 (株)東京ドームが2003年5月に東京ドームシティ内に開設した「LaQua(ラクーア)」は、「東京の真ん中でリフレッシュを楽しむ」を基本コンセプトとした、スパ、アトラクション、ショップ&レストランの3つのゾーンが融合する融合商業施設。ラクーアビルの5階から9階に位置するスパ ラクーアは、南国リゾートの雰囲気の中で低温サウナが楽しめる「ヒーリング バーデ」や、ラクーア敷地内の地下1,700mから湧き出る天然温泉を使用した「スパ」、エステやボディケアの施設を充実させた「トリートメント&ビューティー」など、テーマごとに6つのゾーンで構成。お客様に心からリフレッシュしていただくための数々の癒しと、水と緑に囲まれたゆとりある空間は、まるでリゾート地を訪れているようだ。
 このリゾートの雰囲気を一層強め、非日常を演出するのに一役買っているのが、ICタグを利用したキャッシュレスシステムである。これにより、スパ内で財布を持ち歩く煩わしさを解消し、お客様が心置きなくリゾート気分を楽しめる環境を実現したのだ。
 具体的には、入館時にお客様ひとりにひとつずつ貸与しているICタグを搭載したリストバンドが、館内で財布として使えるようになっている。
 例えば、入浴後にジュースを買う場合、自動販売機のICタグリーダーにリストバンドをかざすと、一般的な自動販売機に小銭を投入した時と同じ状態になり、ジュースを購入することができる。また、レストランやショップ、エステでは、レジ横のICタグリーダーにリストバンドをかざすだけでいい。
 リストバンドにはあらかじめユニークIDが登録されており、IDとそのリストバンドを持っているお客様がどこで何を購入したかという課金情報を紐付けして、データベースに蓄積。退館する際にフロントでまとめて精算する仕組みになっている。

1healingbaden2

リゾート気分を満喫できること間違いなしのヒーリングバーデ

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年8月号の記事