旅の窓口と楽天トラベルのサイト統合に伴いグループ企業との相乗効果を図る

楽天トラベル(株)

宿泊予約サイトの草分け的存在の「旅の窓口」は、ビジネスホテルを中心に通常の宿泊料金より2~4割程度安く提供することで、ビジネスマンの出張需要に応えるブランドとして定着してきた。2004年9月、楽天トラベルとのサイト統合を機に、レジャー部門の強化を目指す。

会員数405万人 国内最大の宿泊予約サイト

 「旅の窓口」の前身である「ホテルの窓口」がスタートしたのは、1996年1月のこと。運営を手掛けていたのは、日立造船情報システム(株)内にあった日立造船(株)のネットワーク関連のインフラを構築していた部門であった。すでに米国ではインターネットを活用したさまざまなサービスが始まっていたことから、日立造船情報システムでは、いくつかのアイデアの中からインターネット上で宿の予約ができる事業を立ち上げることにした。当初は登録宿泊施設数は100軒ほどで、最初の1カ月の予約件数はたった13件だったという。
 その後、1999年7月には、旅の総合サイト「旅の窓口」にリニューアル。2000年2月に、日立造船情報システムの100%出資子会社マイトリップ・ネット(株)として分離・独立することになる。
 一方、2001年3月に楽天(株)が「楽天トラベル」サイトをオープン。2002年8月には楽天からトラベル事業が分社化して、楽天トラベル(株)が誕生した。
 2003年9月、楽天がマイトリップ・ネットの株式を100%取得し、傘下に入れる。2004年8月に、楽天トラベルとマイトリップ・ネットが合併し、社名を楽天トラベルとした。翌9月に、楽天トラベルと旅の窓口のサービスを統合し、新しい「楽天トラベル」がスタートを切ったのである。
 これにより、ホテルや旅館などの予約からツアー予約や航空券・レンタカー予約、観光情報も満載した、日本最大の宿泊予約サイトである「楽天トラベル」が誕生。「ホテルの窓口」からわずか8年で、会員数は405万人(2004年8月)。登録ホテル数は、国内で約1万4,000軒以上、海外で約1万1,000軒以上に達している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2004年12月号の記事