電子チケットの利便性を追求し販売機会増大に注力

ぴあ(株)

Webサイト「@電子チケットぴあ」では、公演直前でも手軽にチケットが検索・購入できるサービスを展開。チケット販売機会を増大させている。顧客の利便性と満足を追求した同社のサービスについて話を伺った。

チケット販売のタイムロスを解消し販売機会を拡大

 エンタテインメント系チケット販売の市場規模は1兆3,000億円。そのうち約10%の1,000億円強がチケッティング会社の販売市場だ。ぴあ(株)のチケットの売り上げは約600億円(2003年度実績)で、業界トップを維持している。
 現在の販売チャネルは3つ。ひとつは電話で、音声認識予約とPコード予約、オペレータ予約がある。2つ目は、全国に約500カ所の「ぴあステーション」と「チケットぴあスポット」、提携先のCVSを合わせて約2万店の店舗ネットワーク。3つ目がインターネットだ。これにはWebサイトの「@電子チケットぴあ」と、ドコモ、au、ボーダフォンの各キャリアでのモバイル・インターネット・サービスがある。
 同社は、1972年にイベント情報誌の草分け『ぴあ』を創刊、1984年にオンラインチケッティングサービス「チケットぴあ」をスタートし、1999年にインターネット・チケット・サービスを開始した。ただ当時は、チケットの受け渡し方法は郵送という手段しかなかったため、イベント開催日の約10日前にネットでの販売を終了せざるを得なかった。思い立ったらすぐに調べる利便性があるにもかかわらず、イベント検索はできてもチケット購入ができないという状況があったのだ。
 そこで同社は、2003年10月、チケットの検索・購入・決済、そしてチケットの受け渡しまでネット上で完結できる「電子チケット+電子クーポン」サービスを開始した。登録無料の「@ぴあ会員」に登録すると、電子チケット受け取り用の電子私書箱「デジポケ」が付与される。チケット受け取り方法を郵送かデジポケから選び、後者の場合、購入後即座に自分のデジポケにチケットが電送される仕組みだ。この利便性が評価され、会員の約85%がデジポケへの受け渡しを選択している。
 「お客様が『今週末どうしようかな』あるいは『今日どうしようかな』と思い立ったときに即座に行動に移せて、購入まで完了できるのがインターネットの特徴。購入と電子チケット入手の時差はほとんどありませんので、イベントによっては、当日券の購入も可能です。お客様にとっては購入チャンスが増え、われわれにとっては販売チャンスが増え、と双方にメリットがあります」(覚張氏)

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2004年12月号の記事