多様なチケットレスサービスの提供とオンラインとオフラインの組み合せが好評

全日本空輸(株)

1997年11月、インターネットによる航空券の予約サービスがスタート。それ以来、ネットでの予約取扱高は右肩上がりで急成長している。現在では、ネットからの予約・購入が全体の40%を超えるほどだ。また今年12月1日、羽田空港新ターミナル移転を機に「スマートeサービス」を開始。これにより、インターネット上のサービスがさらに充実する。

ネットからの予約・購入が全体の40%を超える

 全日本空輸(株)がWebサイト「ANA SKY WEB」を立ち上げたのは、1995年10月。インターネットによる航空券の予約サービスをスタートさせたのが、1997年11月になる。ちなみに競合会社である、(株)日本航空はWebサイトを立ち上げたのが1995年6月、予約サービスは1996年7月だった。
 そして、全日空が携帯電話による予約サービスを開始したのは、NTTドコモがiモードのサービスをスタートさせた1999年。公式コンテンツ・プロバイダーとして参画して以来、アクセス数はトップを維持している。
 Webサイトを立ち上げた当時は、各航空路線の運賃やキャンペーンなどの情報をはじめ、壁紙などのエンタテインメント関連のコンテンツが中心だった。その後、インターネットが爆発的に普及したことに伴い、同社はネットによる航空券の予約サービスに踏み切った。
 予約サービスをスタートさせた当初は、月間1,000万円の予約取扱高だった。それから2000年までは毎年目標値が1ケタずつ上がっていったという。同社営業推進本部チャネル企画部eコマースグループ主席部員の大崎知之氏は、「最初は、新しいもの好きの方が多かったかもしれませんが、企業や個人の方々へインターネットが普及するのと同じようなカーブで、インターネットを介した取扱高も伸びていきました」と説明する。2001年度のインターネットによる取扱高は、国内線・国際線を合計して約800億円。2002年度の取扱高は1,300億円強、2003年度は1,800億円に上り、前年比で約4割伸びたという。そして、インターネットを介して航空券を予約し、購入するケースが全体の40%を超えるまでになっている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2004年12月号の記事