先行者利益を強みに会員とのダイレクトなコミュニケーションを展開

(株)三愛・ギガネットワークスカンパニー 

携帯電話の新機種登場や料金定額制の波に乗り、携帯コンテンツビジネスの多様化は必至だ。そんな中、会員制着メロサービスの草分け、(株)三愛・ギガネットワークスカンパニーは、他のエンタテインメントビジネスと提携することで、ビジネスの根幹である楽曲の品揃えと会員とのコミュニケーションを強化している。

NTTドコモとの提携で初期から着信メロディビジネスに着手

 今や携帯コンテンツ市場規模は2,000億円(2003年度)といわれ、音楽系コンテンツがそのうち約半分の1,000億円を占めている。同市場の草分けである(株)三愛・ギガネットワークスカンパニーの前身、ギガネットワークス(株)は、(株)リコーの通信関係の新規事業部門から1991年に独立、主に通信カラオケのサービスを展開してきた。その後、テスト・マーケティングを経て、1999年9月にNTTドコモのiモード公式サイトとして音楽コンテンツサービスを開始。開始から2年間で会員は450万人と急激な伸びを見せた。こうした実績から、2002年、「モバイル・プロジェクト・アワード2002」の「モバイコンテンツ部門」で最優秀賞を受賞した。2003年度の売り上げは74億円を計上しており、2004年9月現在、約500万人の会員数を擁する。
 音楽コンテンツサービスを開始して今年で5年目を迎える同社の会員は、入会してから数年経つ方が多く、年齢は20代後半~30代が中心となっている。男女比はほぼ半々で、会員の半数以上は社会人だ。
 この5年間の進展には、以前から通信カラオケ事業を展開していた同社ならではの強みがあった。MIDI(MusicalInstruments Digital Interface)を持っており、いち早く楽曲が提供できたこと、ドコモの携帯市場拡大に合わせてタイムリーなサービスが可能だったことに加え、背景には、ワンコインビジネスが受け入れられたということがある。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2004年12月号の記事