たったひとりの顧客の声にも耳を傾け挑戦し続ける精神がお客様の心をつかむ

ツォップ

千葉県松戸市にある「パン焼き小屋 ツォップ」。決して立地に恵まれているとは言えない場所にありながら、1日の来客数は600人。月の売り上げは1,300万円という繁盛店だ。店内は常時お客様でごった返すほどの大盛況。常に焼き立てのパンを提供するなど、 お客様にとって何が最適かを考えているパン屋である。

400を超えるアイテムの中から常時250種類以上のパンが並ぶ

 JR北小金駅から新京成バスにて約10分、「表門」を下車すると、そこは小金原団地が一帯に広がる住宅地。さらに歩くこと約2分。失礼ながら商店街というには少し寂れた街の一画に、「パン焼き小屋 ツォップ」があった。周囲を見る限り、こんなところに繁盛店があるとは思えない。しかしその不安は一瞬にして吹き飛んだ。木造の建物の扉を開けると、店内はパンを載せるトレーを抱えたお客様で満員。そして香ばしい焼き立てのパンの匂いが鼻腔をつく。
 創業40年。店長の伊原靖友氏は2代目になる。3年ほど神奈川県のある有名パン屋で修業を積んだ後、先代の父親が営む同店に戻ってきた。10年間、父親と一緒に励んだ後、2000年11月、経営を引き継ぐのを機会に店舗をリニューアルし、現在に至っている。
 靖友氏が父親と一緒に始めた当初は、固いパンと言えばフランスパンぐらいで、ドイツパンは世間にまったく知られておらず、ほとんど売れなかった。それでも毎週決まった曜日にドイツパンを1~2個買って行くひとりのお客様のために、約20個焼き上げては売れ残ったドイツパンを捨てるという毎日を続けていた。たまに売れると「よかったね」と靖友氏は夫人と話していたと言う。
 商売としては採算が取れないとしても、それを楽しみに買いに来るお客様がいる限り、ドイツパンを焼き続けなければならないと考えたのだ。
 また、靖友氏はお客様からの相談を受けては新しいパン作りに励んだ。「玄米が入っているパンが食べたい」「○○というパンがあるんだけど」などと言われれば、たとえひとりのお客様しかそのパンを買わなくとも要望に応じた。その結果、現在ではパンのアイテム数は400種類以上、常時250種類のパンを店頭に並べている。「お客様の要望に応えて作ったものですから、どれも外すことのできない商品。アイテム数は増える一方です」と夫人のりえ氏は嬉しい悲鳴を上げる。特に人気のパンは1個60円のあんパンと140円のカレーパンだ。どちらも限定で1,500個と400個作っているが、ほとんど売り切れるという。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2004年8月号の記事