顧客との関係を深めつつ時代の変化に応じた施策を打ち出す

(株)ヤマグチ

東京・町田は量販店が林立する家電量販店の激選区。ここで、地域に密着した商売を続け、量販店と肩を並べる電器店がある。それが「でんかのヤマグチ」だ。顧客データに基づき、科学的かつきめ細かなマーケティングを展開していることが繁盛店の秘訣である。

創業時からのモットーは「私たちでできることは何でもします」

 JR横浜線と私鉄の小田急線が交差する東京・町田市は、隣接する神奈川県相模原市を含めて、以前から商業の激戦区と言われてきた。家電においても、数年前からコジマ、ヤマダ電機といった大手量販店が進出し、いわゆる昔ながらの“町の電器屋”はどんどん減ってきている。しかし、そうした状況をものともせず、顧客志向に徹した商売を続けることで地域の顧客をガッチリつかんでいる家電店が「でんかのヤマグチ」だ。
 創業は1965年。松下系列の会社で修理の仕事をしていた山口勉社長が23歳の時に独立して開いた店である。創業時からのモットーは「地域のお客さまのために、私たちでできることは何でもします」。電球1個でも気軽に届け、どんな小さな修理でも引き受ける。実は、こうしたことはかつてはどこの電器屋でもやっていたのだが、効率の名のもとにどんどん切り捨てられてきたことなのだ。それを同社では40年近く変わることなく、「お客さまのかゆいところに手が届くサービス」を提供し続けてきた。その結果、顧客との強い人間関係を創り上げた同社には、価格訴求を旗印にする量販店にも負けず劣らない、地域になくてはならない存在となっているのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2004年8月号の記事