データマイニングで優良顧客を“予測”

(株)ディーシーカード

MCIFの導入がマーケティングの鍵

 (株)ディーシーカードは、2001年3月現在でDCグループ全体で880万人の会員を擁し、136万店におよぶ加盟店をもつ国内大手のクレジットカード会社である。グループ取扱高はショッピングで1兆5,607億円、キャッシングで3,739億円、計1兆9,346億円に上る。
 同社では1994年4月にデータウェアハウスの構築を開始し、1998年10月にはこのデータウェアハウスをレベルアップ。業務用のデータベースの蓄積に活用している。このレベルアップに合わせて、顧客データベースのファイル、MCIF(マーケティング・カスタマー・インフォメーション・ファイル)を新たに構築した。これには顧客のデータベースを活用することで、より効果的なマーケティングを行う目的があった。MCIFは「基本情報」「利用情報」「サービス情報」「プロモーション情報」「アンケート情報」「分析情報」の6つから構成されている。現在ではデータウェアハウスとMCIFの2つを併用している。この他にも同社ではデータウェアハウスの構築を開始した当初から、リスク分析のためにSAS社の分析用ソフトを導入しており、その後、やはりSAS社のデータマイニング・ツール「エンタープライズ・マイナー」を導入した。同社ではデータウェアハウスからの会員の購買履歴等の情報や、MCIFからのMCIF特有の情報をもとに、データマイニングを行っている。
 データは、カード申込の際に顧客が記入する属性情報と、カード利用に応じた購買履歴、および、MCIF特有のデータである、同社が提供する付帯サービスの利用履歴、DMなどのプロモーションに対するレスポンス履歴などから集められ、それぞれがテーブルに分かれて保存されている。また毎年1回会員に対し、趣味や関心、ライフスタイルに関するアンケートを実施しており、このアンケートから得られたデータもテーブルのひとつとして保存されている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年7月号の記事