永遠のパソコン初心者 富士通「タッチおじさん」

富士通「タッチおじさん」

企業イメージの一新を狙ったキャラクター作り

 その昔、パソコンは企業で使われるものであり、しかも使う人は企業の中の一部の人たちに限られていた。しかし、最近では社員ひとりひとりがID を持ち、社内連絡にパソコンが利用されていることも珍しくない。また、ワープロソフトやゲームソフトなどがインストール済みの、買ったその日から使うことができる個人ユーザー向けパソコンが数多く出回り、一 家庭へのパソコン普及率が拡大した。すでにパソコンはごく一部の人が仕事で使うだけのものではなくなっているのだ。
 富士通(株)では1994 年11 月、個人ユーザー、特にパソコン初心者をターゲットとした「FMVデスクパワー」を発売した。今までパソコンに無関心であった層を掘り起こすと同時に、富士通という企業ブランドの認知を高めるためには、同社の“固い”イメージをほぐさなければいけない。従来のイメージを引きずったままでは、いくらマスメディアなどで新製品をアピールしても、ターゲットとなる初心者にインパクトを与えることはできない。そこで同社では、これまでパソコンに触れる機会のなかった人など、パソコンから遠い存在の人にも親近感を持ってもらいたいという思いをこめて、パソコンには触ってみたいけれどちょっと恐いと思っている永遠のパソコン初心者「タッチおじさん」を誕生させたのである。FMV デスクパワーの発売を機に、同社のパーソナル商品(パソコン、ワープロ)の販売促進という使命を帯びて「タッチおじさん」は“あの”テレビCM で華々しいデビューを飾った。
 “あの”テレビCM とは、「来て、見て、さわって 富士通タッチフェア」のテレビCM、1994 年冬商戦に向けて放映された「さわってみたいけど篇」のことである。「さわってみたいけど ちょっとこわい…ちょっとはずかしい?」とお尻を振るしぐさが何とも言えず、愛らしい。そのしぐさと、吉本興業の漫才師「あほの坂田」こと坂田利夫氏の抜けたような声が妙にはまって視聴者の笑いを誘った。「タッチおじさん」が大阪人で大阪弁を話すためか、まず大阪の女子高生の間で大人気となり、その後、タッチおじさん人気は全国各地へ広がっていったという。
 ここで簡単に「タッチおじさん」のプロフィールを紹介しよう。「タッチおじさん」は、大阪生まれの大阪育ち。年齢は推定で48 歳。職業は会社員。機械のことはほとんどわからない文系人間なのでメカにはめっぽう弱く、パソコンには触ったこともない。しかし見栄っ張りな性格なので、実は今話題のパソコンに並々なら 興味を持っているのである。
 「タッチおじさん」のキャラクター開発者は、森永チョコボールのパッケージなどをデザインしたパッケージ・デザイナーの犬塚達美氏。設定は「推定年齢48 歳、会社勤めの中間管理職。メカにはめっぽう弱く、パソコンには触ったことがないが興味を持っている人」。これを実写ではなくアニメで表現したのは、「パソコンから最も遠い人」を忠実に表現したかったからだ。開発の各段階で市場調査を何度も繰り返し、ようやく陽の目を見るに至った「タッチおじさん」だが、その間一番苦労したのは、何と言っても社内調整だったようだ。

キャンペーンで配られているタッチおじさんグッズ

キャンペーンで配られているタッチおじさんグッズ

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年2月号の記事