アナログ感覚で温もりのある街作りをフランキー・オンライン

フューチャー・パイレーツ(株)

アナログ的な“味”にこだわる

 ミュージックビデオや CF、ゲーム、CG など、常に最先端のメディアをクリエイトしてきたビジュアル・ディレクター、高城剛氏が 1993 年 4 月に設立したフューチャー・パイレーツ(株)は、デジタル技術を駆使して独自の世界を作り上げるハイパーメディア・クリエイティブ集団。クリエイターたちの平均年齢は約 23 歳。変容する時代の要請に応えられる“やわらかい集団=ソフト・ハウス”をモットーに、ひとつのメディアにこだわらないユニークな事業を展開している。常に時代を先取りしてきた同社だが、あくまでもアナログ的な“温もり”と“親しみ”のある表現を追求している。
 同社が 1995 年 6 月にスタートした「フランキー・オンライン」は、CD-ROM とインターネットを融合させた“次世代パソコン通信”の先駆けであり、その動向はサービス開始当初から国内外の注目を集めてきた。
 トップ画面では、ホストキャラクターのフランキー君が毎日違う挨拶で出迎えてくれ、同社からのインフォメーションを伝える。また、角川書店とのタイアップで提供しているデジタル情報誌『Tokyo Walker』『Game Walker』『ザ・テレビジョン』には毎日新しい情報がアップロードされるなど、街は常に変化し続けている。雑誌の広告や、都市内の建物、看板などは各企業のホームページとリンクを張っている。

Franky OpneingTalk

ガイド役の“フランキー君”と街の入口

 “アナログ”へのこだわりは相当なもの。画面が無機質にならないよう、特に音と動画に注意を払う。“生きた”街を再現するため、いたるところに動くキャラクターが配置されている。キャラクター作成は、まず紙に手作業で緻密なコンテを描くことからはじまる。これを CG 化した後も、T シャツやステッカーなどの“アナログ”作品でキャラクターをアウトプットすることによって、会員にとってより身近な存在になるよう心がけている。音響面では、コンピュータの“打ち込み”ばかりでなく、生の音を録音することによって、リアリティを高めている。またフランキー・オンラインの街は、地質、気候などまで考慮した都市計画をもとに作られ、建物は一級建築士が設計、インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターが内装を担当している。

Banana KARAOKE

アナログな世界をデジタルで再現する「フランキー・オンライン」

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年7月号の記事