すべての基本は “2WAYコミュニケーション”

(株)ベネッセコーポレーション

就学前児童を対象に「こどもちゃれんじ」を開講

 (株)ベネッセコーポレーションは、設立 40 周年に当たる 1995 年に、旧(株)福武書店から社名を変更した。ベネッセは、ラテン語の「ben(e 良く)」と「esse (生きる)」を合わせた造語。その名の通り、教育、文化、福祉を3つの柱に、通信教育、出版、保育施設や介護サービスの展開など、赤ちゃんからお年寄りまでを対象に、ひとりひとりが人生をより良く生きるための事業を幅広く手がけている。
 中でも「進研ゼミ」に代表される通信教育は、事業の中核。1969 年に高校講座、1972 年に中学講座、 1980 年に小学講座を開講して対象年齢を広げてきたが、1988 年には 5 〜 6 歳児を対象とした「こどもちゃれんじ じゃんぷ」を開講。4 歳、3 歳…と段階的に低年齢児向けのコースを開設し、1996 年 2 月には 1 〜 2 歳児向けの「こどもちゃれんじ ぷち」をスタートさせて、就学前の乳幼児を対象とした「こどもちゃれんじ」全 5 コースのラインナップが勢揃いした。
 “赤ペン先生”による親身な添削指導が中心になる小・中・高校生講座と異なり、乳幼児が対象の「こどもちゃれんじ」では親子のコミュニケーションが重要な要素。まだひとりでは読み書きが不自由な子どもが、母親をはじめとする家族のサポートを受けながら、新しい体験を積み重ねていけるような教材作りがなされている。
 1 〜 6 歳のそれぞれの発達年齢に合わせて用意された教材には、毎月届けられる絵本と、母親のための子育て情報誌、会員(の家族)からの郵送による育児相談に同社の専門スタッフが回答する「おやこ相談室」のほかに、ビデオや玩具などがセットされている。統一キャラクターであるトラの“しまじろう” も、会員の発達年齢に合わせて少しずつ成長した姿で登場する。
 4 〜 5 歳児向けの「すてっぷ」1 月号以降は、提出課題が付く。ここから会員本人と同社の 2WAY コミュニケーションがはじまるわけだが、添削の際には“正解”“不正解”よりも、最後まで課題に取り組んだこと、提出したことを徹底的に誉めることを主眼としているという。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年5月号の記事