クリスマスをまるごと楽しむための夢いっぱいの1冊 Santa Book(サンタブック)

(株)フェリシモ

毎月1回の自分へのプレゼント

 (株)フェリシモの設立は 1965 年。カタログ「はいせんす絵本」を柱に、通信販売を展開している企業だ。同社は通常の通信販売と異なり、毎月 1 回、色やデザインを変えてシリーズの商品を届ける「コレクション」(頒布会)システムを主軸に据えている。カタログには、ひとつの生活風景やコンセプトで提案されているそのシリーズ商品が、有効期限内に届くいくつかのデザイン(商品写真)とともに提示されている。
 顧客は単品ではなく、そのシリーズ商品を注文する。毎月少しずつ商品が届くことによって、顧客自身が「憧れの自分、憧れの生活に近づいていくことを楽しんでもらいたい」(同社 広報室)という気持ちが、コレクションという独自のシステムになっている。その楽しさを、同社では「自分へのプレゼント」「毎月 1 回のサンタクロース」という言葉で表現する。
 「はいせんす絵本」は現在、毎年 3 月と 9 月の発行。それぞれ有効期限は約半年間だ。昨年まで「家庭雑貨編」「ファッション編」「こども編」の 3 分冊だったものを、今年からは「ボディー&ビューティー編」を加えて 4 分冊にした。各 100 万部を発行し、顧客に無料で配布するとともに、全国の書店で 1 冊 500円で販売している。
 同社の中心顧客層は 25 〜 35 歳の女性だが、顧客層は年々広がっている。中には、「はいせんす絵本」の子ども服で育った女性がハイティーンになり、今度は自分のものを自分で選んで購入しているというケースもある。
 今年 3 月に発行された 4 冊の「はいせんす絵本」には合計 2,488 のコレクション・アイテムが掲載されているが、その 95%弱が同社のオリジナル商品。商品開発に携わっているのは、ターゲットと同じ 20 〜 30 代の女性スタッフ。自分がほしいと思い、なおかつフェリシモらしい商品を、とことんこだわって選んでいる。
 “フェリシモらしい”商品とは、「独創性」「事業性」、そして「社会性」があること。この「社会性」は、物品販売の枠を超えてさまざまな試みにつながっている。たとえば世界の森の植林資金に当てるために毎月100円の寄付をする「フェリシモの森基金」や、同じく毎月100円の阪神大震災の被災者への義捐金など。これらもコレクションの1メニューとして、カタログの誌面に紹介されている。

3月と9月、年2回発行の「はいせんす絵本」。真は「生活雑貨編」

3月と9月、年2回発行の「はいせんす絵本」。写真は「生活雑貨編」

1996 年発行の「Santa Book」第10号。“フェリシモらしい”楽しい企画が盛り沢山

1996 年発行の「Santa Book」第10号。“フェリシモらしい”楽しい企画が盛り沢山

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年4月号の記事