レスポンスUPの秘訣をダイレクトの“プロ”に学ぶ

2012年11月12日

来る11月29日(木)の13時15分~17時5分、
東京・青山一丁目のクロスコープ青山セミナールームで、
月刊『アイ・エム・プレス』としては2012年最後となるセミナーを開催する。
今回のテーマは、
「プロ中のプロが徹底解説
どんなメディアでも応用可能な
“売れる”クリエイティブの発想と技術

http://www.im-press.jp/seminar/creative.html
講師は、日本におけるダイレクトマーケティングの先駆者として、
電通グループのダイレクトマーケティング・エージェンシー、
電通ワンダーマンの副社長を長年にわたり担われた藤田浩二さんと、
インターネット時代の新進気鋭のコンサルタントとして、
大手メーカーの通販事業部門などのクライアントを成功に導いてきた
(株)売れるネット広告社 代表取締役社長の加藤公一レオさん。
藤田さんには月刊『アイ・エム・プレス』のコメンテーターを
15年間にわたりお引き受けいただいたし、
加藤さんは目下、月刊『アイ・エム・プレス』誌上で
「ネット通販 成功の秘訣」を好評連載中・・・とあって、
お二人はさまざまなかたちで弊誌の発行にもご尽力くださっている。

本セミナーを企画したきっかけは、
月刊『アイ・エム・プレス』2012年8月号で、
藤田さんの監修により
「レスポンス・デザインの法則 AIDA×ヒトのクセと欲望」
という特集を組んだことにある。
本特集は、広告の中で注目させ、説得し、行動を促す、
レスポンス広告における行動モデル“AIDA”に、
心理学や脳神経科学の研究成果としての
“ヒトのクセと欲望”の視点を交えて、
お客さまとの対話を成立させ、レスポンスを獲得する方法を
「レスポンス・デザインの法則」としてまとめたものだ。
ダイレクトマーケティングが日本に紹介されて
25年以上が経過した今日では、インターネットが、
企業とお客さまとのコミュニケーションの当たり前のインフラとなっている。
このことは、ダイレクトマーケティングの先達が培ってきた
レスポンス・デザインの法則が、通販会社に限らず、
あらゆるマーケターやクリエイターにとって
不可欠な要素になってきたことを意味する。
しかし、実際にネット上で行われている
企業とお客さまのコミュニケーションは、
必ずしもこの法則に則って行われているとは限らない。
加えて、オフラインの時代には存在しなかった、
インターネットならではのテクノロジーを
効果的に活用していくことも求められているだろう。
そこで今回のセミナーでは、
日本におけるダイレクトマーケティングの先駆者である藤田さんと、
インターネット時代の新進気鋭のコンサルタントである加藤さんそれぞれに、
レスポンスを獲得する秘訣を語っていただくと同時に、
CRMダイレクト(株) 代表取締役 横田伊佐男さんの司会のもと、
「ダイレクトマーケティングのセオリーをネットに生かす」と題し、
熱いディスカッションを展開する。
見込客に刺さるクリエイティブを模索されている方、
Webの転換率UPを模索されている方、
そして売り上げをUPするヒントを探しておられる方は、
せひ、本セミナーにご参加ください。
課題解決のヒントが得られるはずです。
詳細、およびお申し込みはこちらから。